Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  お部屋探しのポイント

お部屋探しのポイント


お部屋探しのポイント

(1)お部屋探しのポイント!

優先順位を決めよう!

「近くて、静かな環境で…」すべてを満たすお部屋を探すのは、なかなか難しいです。まずは譲れない条件をピックアップし、優先順位をつけてみましょう。

【予算】 敷金、礼金や初回家賃など契約時に必要な経費は思った以上に掛かる場合があります。月々の家賃や共益費(管理費)のことも頭に入れて、しっかり予算計画を。
【エリア】 大学に通うのは毎日のこと。出不精にならないか、大学の近くでみんなの溜まり場にならないか。女性に限らずセキュリティ面にも気を配りましょう。
【間取り】 自分が生活しやすい間取りを選びましょう。洋室 or 和室? お気に入りの家具や家電は置けるか、収納スペースは十分あるか、こちらも重要なポイントです。
【物件の種類】 アパート・コーポ、マンション、寮・下宿など。
【設備】 浴室(ユニットバス/セパレート)、キッチン(ガス/電気)、冷暖房、収納、バルコニー、オートロック、駐車場、駐輪場など。
【通学手段】 徒歩・自転車・バス・電車など
【通学時間】 約(  )分以内
Kei-Net特派員の体験談やアドバイス

● アパートは隣、上下の音がどの程度響くのかということにも注意した方が良いです。人が多くいそうな時間帯の内見をオススメします。(鳥取大学 卒業 しゃら特派員)

● 新築は割高なだけ。住めばどこも都。新しい・キレイ・自分が最初という感情だけではなく、きちんと管理されている物件を客観的に見て選ぶべきだと思います。(神戸大学 修士 K.M.特派員)

● 大学に近いほうがいいとか、駅に近いほうがいいとか、いろいろありますが、個人的には安いスーパーが近いのが良いと思います。あと治安ですね。(東京農工大学 2年 カフェオレ特派員)

● とにかく隣の部屋との壁の厚さを確認してください。予算の許す範囲で、できるだけしっかりとした家を借りるべきです。あと良い物件は嘘みたいにすぐなくなります。(東北医科薬科大学 1年 桃太郎特派員)

ページの上部へ戻る



下見のチェックポイント!

契約する前には、必ず下見に行き、自分の目で確かめましょう。下見では部屋の様子だけに気を取られがちですが、周辺の環境も忘れずにチェックしておきましょう。昼間と夜間の状況まで確認できればベストです。

【日当たり】 必ずしも「南向きベランダの間取り図=日当たり良好」とは言えません。
【収納スペース】 部屋がワンルームならば、収納スペースが必要です。使用する家具が部屋に収まるかどうかも要確認。できればメジャーを使って採寸しましょう。
【コンロの種類】 一般的にはガスか電気ですが、どちらが便利か、自分の生活スタイルに照らし合わせて選びましょう。同じガスでも都市ガスとプロパンガスでは使えるコンロが異なります。
【コンセント】 パソコンや電化製品を数多く使用する人、部屋のレイアウトにこだわりを持つ人は要チェックです。電源容量(アンペア数)も確認しておきましょう。
【周辺の環境】 スーパーやコンビニ、飲食店、銀行・郵便局、病院・診療所などが近くにありますか?街灯の有無も要チェックし、防犯面の確認もしましょう。
【駅までの距離】 住宅情報誌に記載されている所要時間はあくまでも目安(1分=約80メートル)。実際に自分の足で確認しましょう。
【インターネット環境】 今では、学業にも生活にも必要不可欠なインターネット。24時間使い放題(無料)のお部屋もあります。接続環境も確認しておきましょう。

ページの上部へ戻る



設備用語に強くなろう!

年々、充実しているさまざまな設備。事前に用語のチェックをしておくとよいでしょう(50音順)。

【IHクッキングヒーター】 磁力で鍋を発熱させる調理器具。コンロ周りやキッチンの天井が汚れにくい、火を使わないので安全、ガスコンロと火力が変わらないなどのメリットがある。IH対応の鍋が必要になる。
【ウォークインクローゼット】 人が歩いて入れる大型の収納スペースのこと。ハンガーパイプや棚板があらかじめ設置されているのが一般的。収納家具は不要となるので部屋も広く使える。
【LDK】 Lはリビング(居間)、Dはダイニング(食事室)、Kはキッチン(台所)のこと。居間と食事室と台所が一体となった空間をLDK、食事室と台所が一体となった空間をDKという。なお、1R(ワンルーム)とは部屋の中と台所に仕切りがないタイプの部屋のこと。
【オートロック】 マンションのエントランスがロックされており、外部からの不審者の進入を防ぐ防犯システム。来訪者は操作盤で部屋番号を呼び出し、居住者が開錠してからマンション内に入れる。居住者は自宅の鍵で開錠できる。
【カードキー】 磁気により施錠が出来るカードタイプの鍵。通常よりも合い鍵を創ることが困難な為、セキュリティ対策として使用されている。
【クッションフロア】 木質系のフローリングと違って、弾力性のある塩化ビニール系のシートを敷いた床のこと。水気に強く、洗剤などで簡単に手入れすることができる。間取り図面等で「CF」と表示される。下の階にも音が響かないのがメリット!
【シャンプードレッサー】 洗面、洗髪、化粧などができる機能と収納スペースを一体化した洗面化粧台のこと。洗面台が広めに造られていて、洗髪用ハンドシャワーが設置されていて入浴しなくても洗髪などができるのがメリット。
【セパレート】 主にワンルームでトイレとお風呂のある場所が別々になっているものをいう。一体型UB(ユニットバス)とは違い浴室部が広く使える。
【ダブルロック】 玄関のドアに鍵が2つ用意されていること。最近増加しているピッキングなどでの住居への侵入盗を防止するのに有益といわれており、賃貸でも導入している物件が多くある。
【ディンプルキー】 ディンプルキーとは、シリンダー錠のひとつで、ドリルでの破壊にも強く、複製防止対策も万全な鍵のこと。ピッキング対策に有効と言われている。
【フローリング】 木質系の床上げ材の総称。または、床を板張りにすること、表面に木を使った床材。またそれを用いた床のことをいう。フローリングは温かみがあり掃除がしやすい。
【ユニットバス】 防水性の高いプラスチックなどで床、壁、天井などを一体化して成型した浴室のこと。UBと略していることが多く、浴室だけのタイプ、浴槽と洗面台のタイプ、さらに便器までの3点を組み込んだものがある。不動産ではユニットバスはトイレと浴槽が一緒になったもののことを指す場合が多い。
【浴室乾燥機】 浴室(ユニットバス)の天井に埋め込んであり、湿気の多い浴室の換気をはかるとともに、ヒーターを併用して浴室内を衣類乾燥室として使用できる商品のこと。雨の日でも関係なく洗濯干しができるのはとても便利。
【ロフト】 本来は物置用の屋根裏部屋を指す。実際には天井を高くして部屋の一部を2層式にした上部スペースを指すことが多い。はしごなどで上り下りし、収納などに使われるケースが大半。

ページの上部へ戻る



契約をする!

契約することになったら、さまざまな費用が必要となります。主なものは以下のとおりです。

【手付金】 部屋をおさえておくための一時金。後日、契約金の一部となります。
【家賃】 月払いがほとんど。契約時に最初の月の分を支払う場合(前家賃)が多いようです。
※前家賃:入居可能日から次の家賃支払日までの家賃を日割りで先払いする。
【共益費】 建物の共用設備の維持・管理費。家賃同様月払いが一般的。
【敷金】 家主に預ける保証金で、退去時に部屋の清掃・破損の修理費等を差し引いた残額が返還されるというのが一般的。
【礼金】 部屋を借りるためのお礼として、家主に支払うお金。退去時にも返還されません。
【仲介手数料】 部屋を紹介してくれた不動産会社に手数料として支払うお金。通常は家賃の1か月分。
【火災保険料】 契約期間中の火災、水漏れを対象にした保険のこと。

ページの上部へ戻る


(2)お部屋探しのチェックリスト!

下見のときに役立てよう!

チェックリストをプリントアウトして、お部屋探しの際に役立てよう!


項 目 状 況 備 考
最寄の駅            駅  
駅までの距離 徒歩        分  
通学時間            分  
周辺の環境(スーパー・コンビニ) 有 ・ 無  
周辺の環境(飲食店) 有 ・ 無  
周辺の環境(銀行・郵便局) 有 ・ 無  
周辺の環境(病院・診療所) 有 ・ 無  
駐輪場/駐車場 有 ・ 無  
階数            階  
部屋の広さ(間取り)               
日当たり 良 ・ 不良  
収納スペース 有 ( 広い ・ 狭い ) ・ 無   
フローリング・カーペット・畳  
風呂/トイレ ユニットバス・セパレート  
コンロの種類 電気・都市ガス・プロパンガス・
その他(            )
 
コンセント(数)            個  
インターネット回線状況              
家賃            円  
その他(     )    
その他(     )    

ページの上部へ戻る


(3)受験の先輩 Kei-Net特派員の体験談とアドバイス!

Kei-Net特派員のアドバイスやエピソードを参考にしよう!

●日本女子大学 卒業 香月特派員

学校との距離だけでなく、その間に何があるか、バイトはどの辺りでやるか等も考えて、家を探してください。学校から徒歩圏内だと、溜まり場になるのは避けられないので、家に人をあまりいれたくない人は電車を利用する隣駅などをおすすめします。

●中央大学 修士 オオトマ特派員

残念ながら、高校生は社会経験が少ないことを利用して、不利な契約内容で契約させようとする大家や仲介業者がいます。できるだけ親や大人の人と一緒に家探しをした方が安心かと思います。


●九州大学 1年 T.D.特派員

できるだけ早めに行動しておこう!あとはちゃんと内覧をしておくべき!自分の場合はFAXで送られた図面とは上下が逆の部屋になっていたので、冷蔵庫など右開き、左開きといった違いのある家具・家電を買う時にすごく困った!

●京都府立医科大学 3年 K.H.特派員

自分で下調べをせずに業者のところに行ったら、微妙な物件ばかり勧められて、結局自分で調べることにして、手間がかかってしまった。事前にインターネットなどで物件を調べた上で業者のところに行くと良いと思います。


●東北大学 2年 H.T.特派員

合格が決まった瞬間にアパートは埋まっていきます。少しでも遅れるといい物件はなくなるので、合格前から何点か目星をつけておいて大家さんに連絡しておくといいかも。

●立命館大学 3年 T.H.特派員

できるだけ早めに下宿探しに動いてください。また下見は必ずして、条件もできるだけ具体的に伝えましょう。ただ、100パーセント理想の物件はなかなかないので妥協も必要です。


●静岡大学 卒業 モアイ特派員

大学生協や学生課で、大学周辺のアパートを斡旋してくれる仕組みがあると思うので、まずはそこを尋ねるといいと思います。先輩が紹介してくれる場合もあり、最初の知り合いができるかもしれませんよ。

●帯広畜産大学 1年 N.Y.特派員

私の場合は大学近辺のアパートは相場が高く、少し離れると安くていい物件が多かったので、車や公共交通機関などがあるのならば、大学近辺だけでなく、ほんの少し離れたところも探してみるといいかもしれません。


●金沢大学 1年 K特派員

アパートや下宿を探すのは早いほうがいいです。私は遠方で見に行けなかったので、ネットで決めてしまいましたが、余裕が有れば、試験日などに親が不動産屋さんを回っていてくれるととても助かります。近くにスーパーがあるか、バス停があるかはけっこう大事です。あと、学生がたくさん住んでいる地域のほうが安心だし、サークルの行き帰りなどに先輩が車で送ってくれることも多いので便利です。

●法政大学 卒業 NANA特派員

おめでとうございます!そして、新しい生活のスタートですね。最初は色々戸惑う事もあると思いますが、生活面でいえば新しい住居を決めなくてはなりせん。若いうちは、おしゃれな物件に目が行ってしまうと思いますが、古くても、安全(人通りがある)で、水回りがしっかりしている部屋を探してください。オートロックも必ずしも安全ではないので(紛れて入ってしまうとむしろ死角が多い)、親御さんとご相談して下さいね。

ページの上部へ戻る


(4)Kei-Netで入試情報を手に入れよう

Kei-Netでは最新の入試情報を提供しています。 大学検索や学習対策、Kei-Net特派員からのアドバイスなどもご覧いただけます。ぜひご活用ください。
Kei-Net会員登録(無料)をすると、さらに詳しい情報が入手できます。




ページトップへ