Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  学習対策  >  夏休み40日間の過ごし方

夏休み40日間の過ごし方

夏休み40日間の過ごし方

 「夏を制する者が、受験を制する」
 夏にやるべきことができたかどうかで秋以降の成績の伸びに差がつきます。
 夏休みにぜひやっておきたいこと、それを実践するためのポイントを、先輩の体験談をまじえて解説します。 長いようであっという間の40日間。学習計画・目標をしっかり立てて、自分の可能性にチャレンジする有意義な夏休みにしましょう!!

夏休みこれだけはやろう! 夏休みの学習計画の立て方

夏休みこれだけはやろう!
「基礎固め」「苦手科目の克服」をしよう!

 高3生のみなさんにとって、長い夏休みはまとまった勉強時間がとれるチャンスです。あせって過去問などの問題演習に取り掛かりたくなるところですが、その前に「基礎固めができているか」「苦手科目はないか」を振り返ってみてください。
 覚えるべき英単語や文法などは頭に入っていますか? 公式は正しく使えていますか? できていると思っていた範囲でも、復習をしてみたら案外理解できていなかった、ということもあります。基礎が固まっていないのにいきなり応用問題を解くことはできません。まずは基本事項を徹底的に定着させましょう。

夏休み 何を中心に勉強した?

 また、「苦手科目なんて1つもない!」という人は少ないでしょう。苦手意識までは持っていなくても、他と比べて点数が伸びない科目や、模試などでいつも間違えてしまう分野はありませんか。苦手科目は一番の得点アップ要素と言えます。夏休み中に克服しておきましょう。
 グラフは、Kei-Net特派員が受験生時代の夏休みに最も力を入れて勉強したことです。先輩たちも苦手科目の克服と基礎固めに重点を置いていた様子が分かります。

 苦手科目を集中的に学習するには、予備校の夏期講習の受講がオススメです。河合塾の夏期講習でも、分野別の講座や理解度にあわせた講座を設けています。どの講座が自分にあっているのか分からないという人には、河合塾各校舎でスタッフがアドバイスをします。気軽に相談してみてください。

河合塾の夏期講習は、「夏に効率的に学力をアップすること」を考えぬいたカリキュラムです。 どの講座を選べばいいのか分からないという人は、「おすすめ受講プラン」を参考にしましょう。
河合塾の夏期講習 おすすめ受講プラン

 高1・2生のみなさんは、まだ受験まで時間があるし、宿題だけ終わらせておけばいいやと思っていませんか?
 大学入試は、高1・2生の範囲から多く出題されています。受験生になってからまとめて学習するより、今のうちに分からないところがないようにしっかり押さえておく方が良いですよね。

慶應義塾大学 環境情報学部 葉っぱ特派員

夏は基礎を固め、苦手科目を集中的に潰すチャンスです。僕の場合は夏休みに徹底的に英文法・語法を固めたことで、夏休み後に十分成果が出せました。一方、夏休みは長いので何かとやりたくないことを後回しにしがちでもあり、そのせいで世界史が全くできないままになってしまいました。計画的にダラけずやるべきです。あと、長い夏休みをずっと家で過ごしているとモチベーションが上がらないかもしれないので、学校や塾の自習室やオープンキャンパスに行って刺激を受けることをオススメします。

青山学院大学 総合文化政策学部 わらび特派員

夏休み後に実際に問題を解いていくと、基礎が固まっていないことに気づいた。そのため、基礎を本当に全て固めることができていたかを夏休み中に考え、もし全て固まっていなければそこを対策するべきだと思う。また、ある程度完成している場合は夏休み中に実際に過去問を解き、必要な基礎力を再確認することもいいと思う。


志望校について考えよう!

 高3・卒生のみなさんで、志望校が全く決まっていないという人は少ないと思います。万が一そういう人がいたら、早めに志望校の選定をしましょう。志望校が決まらないと目標がはっきりしませんし、学習指針も決まりません。Kei-Net特派員も、半数以上の人が高3の1学期までに志望校を決定しています。

志望校を決めたのはいつ?

 志望校選定の際には、第1志望校だけでなく、第2・第3志望の大学についても検討してください。受験間近になってからでは、併願校についてじっくり検討する時間がとれません。今のうちに受験可能性のある大学について調べておきましょう。
 時間があればぜひオープンキャンパスに参加してください。入学してから「こんなはずじゃなかったのに…」とならないためにも、その大学で本当にやりたいことはできるか、大学の雰囲気はどうかなど、自分の目で確かめておきましょう。オープンキャンパスに参加することで入学後のイメージが具体的になり、やる気アップにもつながります。

 高1・2生のみなさんの中には、まだ志望学部や大学が決まっていないという方もいるでしょう。そんな方は、自分は何に興味があるのか、どんなことを学びたいのか、どんな職業につきたいのか、ということを考えるいい機会です。夏休みの間に興味がある分野の本を読んでみるのも良いですね。
 オープンキャンパスへの参加は、高1・2生の方にもオススメです。高3生になったら、勉強に時間をとりたいのでゆっくりオープンキャンパスへ参加する時間がとれないかもしれません。志望校がはっきりと決まっていなくても、気になる大学のイベントに積極的に参加してみてください。こんな学問があるんだ! この大学ではこんなことできるんだ! など、新しい発見があるかもしれませんよ。

京都工芸繊維大学 工芸科学部 K.K.特派員

私の場合興味のある分野が、建築意匠設計、日本近代建築史、放送美術でした。建築意匠を学べる大学は多いのですが、建築史について学べる大学はほとんどなく、唯一見つけた建築史に力を入れている大学が今の大学でした。また建築だけでなくデザイン分野も学ぶことができる点にも惹かれました。建築という大きなやりたい分野は決まっていましたが、その中でも何をやるかは決まっていなかったので、色々な可能性を潰さないでおける大学を選びました。二次の受験科目に苦手な理科がなく、実技だったのも決め手の一つです。

明治大学 総合数理学部 はま特派員

その大学でどのような研究をしているのか、必ず確認しました。自分のやりたいことがないのに入学してしまったら、せっかく入ったのに何もなく終わってしまうと思ったからです。しかし、自分の興味は変わっていくので範囲は狭めずに志望校を決めていました。それから、少なくとも4年間通う大学なので、通いやすさやキャンパスの雰囲気は特に重視しました。

京都女子大学 法学部 はる特派員

大学のみでなくその先もより良い人生にしたいため、就職実績を最重要視しました。オープンキャンパスに行って大学ならではの雰囲気を掴み、私に1番合っていると思う大学を選びました。



ページトップへ