Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  先輩の声  >  キャンパスライフ  >  るる特派員

るる特派員のキャンパスライフ

津田塾大学 学芸学部 3年
るる特派員 
通学形態 :   ひとり暮らし
趣 味    :    美味しいコーヒーを探して飲むこと

研究内容、面白い講義・ゼミ、実験・実習などについて

英語学概論


リニューアルされた食堂
 英語学概論という講義は言語学のイントロダクションで、形態論、音韻論など様々な言語学の分野を2、3週間かけて学んでいきます。来年以降のゼミを決める上でも重要な授業だと思います。私はもともと言語学に興味があって大学に入学したので、とても楽しく授業を受けています。日本語の仕組みや英語、時には様々な外国語を例にとって言語的に分析するところが面白いです。先生も優しいし、ユニークなので飽きることがありません。出席は取らず期末試験のみで成績をつけるところが厳しいですが、しっかり授業を聞いていればテストで点を取れると思います。


ページの上部へ戻る


サークル、アルバイト、大学施設などについて

バイト


珍しい雪景色の本館
 私はアルバイトで小・中学生の塾の講師と放課後の学童クラブのスタッフをしています。週に2日程度シフトに入っています。塾の講師を始めたきっかけは、教職課程を履修していく中で、教育実習に行く前に実際に教育現場を見て、指導する経験を持った方が良いと授業の中で先生から言われたからで、2年生の5月から始めました。5科目を教えるので、普段使わない数学を質問されると時々戸惑うこともありますが、一緒に働く同僚は優しいので相談しながらやっています。学童クラブでは小学生との関わりの中で、話し方や行動に特に気をつけて働いています。


ページの上部へ戻る


ぼくのわたしの時間割

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1限 教育メディアの研究 英語科指導法 第二言語習得論 英語科指導法
2限 初等英語教育研究 3年セミナー 音声学 日英語の比較
3限 中国語 意味・語用論
4限 Academic Writing and presentation 余暇教育 言語とコミュニケーション
5限 文法論 社会言語学
6限
※2019年度前期の時間割

 津田塾大学では、月曜日から金曜日の1限から5限までで授業が行われます。教職科目が1限に集中しているため、週に4日も1限から出席しています。毎朝大変ですが、家を出る時間が毎日変わらないので、遅れたり間違えることなく大学に行けます。3年生になり必修科目が減ったので、昨年までは履修のできなかった言語学の授業をたくさんとることができています。月曜日と金曜日はバイトができるように午後に授業を入れないように工夫しました。

ページの上部へ戻る


ぼくのわたしのおサイフ事情

ひとり暮らし
収 入 支 出
仕送り、お小遣い 69,000 円 家賃 54,000 円
奨学金 0 円 水光熱費 4,500 円
アルバイト 35,000 円 食費・外食費 20,000 円
その他 0 円 通信費(電話・インターネット代) 0 円
    交通費 10,000 円
    勉学費 0 円
    交際費(サークル活動費等)・趣味 3,000 円
    衣料・ファッション 10,000 円
    貯蓄 0 円
    雑費・その他 2,500 円
       
収入総額 104,000 円 支出合計 104,000 円
※1か月の平均収支

 大学での授業が忙しく、バイトのシフトにたくさんは入れないため、なるべくお金を使わないようにしています。例えば、チラシをチェックして買うものを決めてから家を出かけ、無駄なものを買わないようにすることによってスーパーでの買い物を計画的に行うように工夫しています。また、学校帰りにお腹が空いていると余計なものを買いたくなってしまうので、小腹を満たしてから出かけるようにして出費を抑えています。服などは衝動買いしないように気をつけ、セールの時期を狙っています。(通信費は親が払っているのでわかりません。)

ページの上部へ戻る


将来の夢 〜 夢に向かって大学生活の中でがんばっていること

英語を教える仕事

 ボランティアで小学校に行ったりバイトで子供たちと接しているうちに、子供の成長や教育に面白さを感じるようになってきました。また、人とコミュニケーションをとることが好きなので、先生という仕事は自分に向いているのではないかと思うようになりました。そうした中で、自分の好きな英語の楽しさを伝えたい、英語が苦手と思っている人を一人でも減らしたいと考えるようになり、英語を教える仕事をしたいと考えるようになりました。具体的には子どもだけでなく、大人も通う英会話学校などの講師になりたいと考えています。


メッセージ 〜 高校との違い、先輩として高校生・受験生に伝えたいこと

諦めないで勉強をしよう

 毎日が同じことの繰り返しで飽きてくるし、モチベーションが下がって勉強する気分にならない日もあるかもしれません。ですが、「諦めたら試合終了」という言葉を繰り返してあと少し、あと1秒を惜しんで勉強を頑張ってください。私はセンター試験が終わって一息ついたら何かがプツンと切れてしまい、勉強時間が減り、効率が落ちました。私大入試で合格が出ると、ここでいいかと逃げが出てしまいますが、1番の目標の国公立までやる気が持続していればよかったです。受験は長距離走だと思います。最初からぶっ飛ばさずに、最後まで完走してください。


ページの上部へ戻る


一覧へ戻る


ページトップへ