得点調整情報2021/1/23更新

1月22日(金)に大学入試センターより、2021年度大学入学共通テスト(第1日程:1月16日、17日)の「理科②」「公民」で得点調整を実施することが発表されました。各科目の得点は、下表のように換算されます。

>2021年度共通テスト(第1日程)公民・理科②得点調整科目得点換算表

河合塾 共通テストリサーチでの対応

得点調整の実施にともない、一部大学のボーダーラインを変更しました。ただし、個人成績表の再返却は行いません。

>得点調整によるボーダー得点および第1段階選抜予想得点の変更について

大学入学共通テスト特集ならびにKei-Netでは、下記コンテンツの情報を得点調整後のデータに修正しています。

大学入学共通テスト特集

※2021年度の提供は終了いたしました。

  • バンザイシステム
  • ボーダーライン一覧
  • 大学別 学力分布

Kei-Net

得点調整の概要

得点調整とは、選択教科・科目間で問題の難易差による有利・不利が生じないように、平均点を基準にその差を調整することです。
大学入学共通テストでは「地歴B」「公民」「理科②」の同一教科内の科目間(受験者数が1万人以上の科目に限る)の平均点の開きが20点以上となり、それが試験問題の難易度によるものと認められる場合、得点調整が行われます。

①地理歴史の「世界史B」「日本史B」「地理B」
②公民の「現代社会」「倫理」「政治・経済」 ※「倫理,政治・経済」は得点調整の対象外
③理科②の「物理」「化学」「生物」「地学」

得点調整は、上記科目間の最高平均点科目と最低平均点科目との平均点差が15点になるように調整されます。平均点がその間にある科目についても、「平均点差の比率」に応じて調整が行われます。ただし、原則0点は0点、100点は100点のままとなります。