Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  志望校検索  >  学問ウォッチング  >  いざ学問選択!  >  芸術学

いざ学問選択!

芸術学

  • 何を学ぶの?
  • 大学選びココがポイント
  • 先輩たちの時間割
  • こんな研究しています
※特派員のプロフィールはアンケート回答時点のものです。

何を学ぶの?

美を追究し、創造する

音、形、言葉など、人間が創り出す芸術的表現について、理論や技術、歴史を学ぶのが芸術学だ。制作や演奏を中心に学ぶ実技系と、学問として芸術の本質を研究する理論系に分かれる。
実技系では、美術・音楽・デザインなど、分野ごとにいろいろな学科・コースが設置されている。美術分野では、絵画・彫刻などについて理論と表現手法を学び、制作に取り組む。音楽分野では、声楽・器楽などの個人レッスンやアンサンブル練習をメインに、音楽理論の講義などが組み込まれている。デザイン分野では、グラフィック、ファッション、プロダクト、建築、空間などのコースが開設されている。そのほか、文芸・演劇・舞台美術・写真・映像などの表現技術を使って制作する分野もある。
理論系では、美学・美術史、音楽学など、芸術一般として理論を中心に学ぶ。芸術大の理論系学科では、基礎的な実技も学べるところが多い。

大学選び ココがポイント

芸術系学部では専門分野を細分化している大学がほとんど。まずは自分が学びたい分野のコースや専攻を設置している大学を調べてみよう。入学の段階でコース・専攻ごとに募集する大学が多く、定員枠も小さいところが多いので注意が必要だ。
デザイン学はデザイン工学科など工学系の学科でも学べる。また、美学・美術史は文学部などで学べるケースが多い。

先輩たちの時間割

お茶の水女子大学 文教育学部 芸術・表現行動学科 卒業 密柑特派員の時間割

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1限 舞踊教育法実習 (中等教育)
2限 臨床舞踊論実験演習 博物館資料保存論 色・音・香と生活文化
3限 舞踊芸術学実験演習 民族舞踊学実験演習 民俗学
4限 教育社会学概論 フィールドワーク方法論 学校安全と救急看護
5限
6限
※3年前期の時間割

おもしろい講義 「フィールドワーク方法論」

文化人類学の研究者である先生の体験談を交えながら、フィールドワークの方法論を学び、学期末にはグループに分かれ実際にフィールドワークを実施し、発表・レポート提出をする授業でした。先生の体験談が面白かったことに加え、レポートを一冊の冊子にまとめてくださり配布されるので他のグループのレポートを読むことができて面白かったです。なかなか実践的な授業がないので新鮮でした。

こんな研究しています

東京藝術大学 美術研究科 修士課程 ぺんねーむ特派員

京都三条通における建築の表示とその構成について

三条通は京都を東西に横断し、住宅街や商店街などあらゆる顔をもつ通りである。通りを一直線に歩いて行くと、空間の変化を一続きに体験できる。何度も歩いていると、各場所での空間は、通り沿いに建つ建築の道に対する接し方に依存するということに気が付いた。建築の道への接し方を「表示」と名付け、各場所での「表示形式」の違いと、それらの形式が全体性を持って1つの通りを作っている構成を分析した。これは建築が単なるものではなく、そこにいる人のふるまいによって建築も同時にふるまうものであるということに着目したテーマである。通りの中にある風景の多様さは各場所にいる人の営みの多様さを反映している。それが独立して関係を持たないのではなく、1つの通りとして関係性を持ち、道の風景が作られているということがおもしろい。具体的で詳細なスケッチや実測による図面がそのような現象をビジュアライズしている点も興味深かった。

topに戻る

Kei-Net大学検索システムでこの学問が学べる大学を探す

学問一覧

  • 文学
  • 外国語学
  • 史・地理学
  • 文化学
  • 芸術学

前のページに戻る

ページトップへ