Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  志望校検索  >  学問ウォッチング  >  いざ学問選択!  >  教育学・教員養成系

いざ学問選択!

教育学・教員養成系

  • 何を学ぶの?
  • 大学選びココがポイント
  • 先輩たちの時間割
  • こんな研究しています
※特派員のプロフィールはアンケート回答時点のものです。

何を学ぶの?

教育の本質を学ぶ教育学と教師をめざす教員養成系

教育系は、大きく教育学と教員養成系の2つに分けられる。
教育学は、「教育」を学問として研究する。教員養成を直接の目的とせず、教育の本質や目的、人間形成とのかかわりについて追究していく。哲学や心理学、歴史学、法学、経営学などともかかわりの深い総合科学といえる。
教員養成系学部の「教員養成課程」は、教員免許の取得が卒業要件となっている。1・2年次に教養科目や教育の基礎を学び、3年次以降に子どもの発達過程や免許を取得する教科の指導法など、教師に必要な知識や技術を修得する。教育実習は3年次以降に行われることが多いが、最近は教育実習関連科目として1年次から実習や支援を行う大学も増えている。
一方、教員養成系学部の中には、教員免許の取得を義務づけず、幅広い教養をもつ人材の育成を目的とする「総合科学課程」もあり、国際・地域・芸術・スポーツなどの専攻・コースで、学際的な研究が展開されている。近年、総合科学課程は縮小傾向にあるが、教員をサポートする人材の養成を目的とした課程ができるなど、新たな動きもみられる。

大学選び ココがポイント

教育学は文学部や教育学部で研究できる。このうち教育学部で学べるのは、東京大や京都大など一部の大学に限られる。教員免許を取得したい場合は、教職のための単位を別途取得すれば中学・高校の教員免許を取ることができる。
教員養成系の教育学部は国立大に多く設置されているが、近年では私立大でも増えている。教員採用数は県や市など各自治体によって異なるので、自分が働きたい地域の採用数や志望大学の採用実績にも目を配っておこう。

先輩たちの時間割

東京学芸大学 教育学部 特別支援教育教員養成課程 卒業 ワンカラー特派員の時間割

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1限 体育科研究2
2限 教育相談の理論と方法 地誌学概論
3限 哲学倫理学概論 特別支援教育研究法B 音楽科研究2 生徒指導・進路指導の理論と方法 家庭科研究
4限 初等算数科教育法 保育内容「人間関係」
5限
6限
※3年後期の時間割

おもしろい講義 「体育科研究1」

小学校の体育で扱うゲームや球技を、一通り体験する授業でした。運動が苦手な子も参加しやすいルール設定の仕方を学べた一方、毎時間、大学生が本気で試合に取り組み、とても面白かったです。

こんな研究しています

中央大学 文学部 人文社会学科 教育学専攻 卒業 MI特派員

道徳教育について

文部科学省が言っている道徳の時間と現場で実際に行われている授業のギャップについて調べた。特に例として、東日本大震災発生時の他者を思いやる行動は道徳教育所以のものなのかを検証した。当時、まだ授業ではなかった道徳教育という学問が、わたしたちが普段生活していくうえで問われることの多い常識やマナーとも関連があるため、日常生活と近く捉えることができ、これからの学校教育をも視野に入れた研究は、面白かった。

topに戻る

Kei-Net大学検索システムでこの学問が学べる大学を探す

学問一覧

  • 哲・宗教学
  • 心理学
  • 教育学・教員養成系
  • 児童学
  • 人間科学

前のページに戻る

ページトップへ