Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  志望校検索  >  学問ウォッチング  >  いざ学問選択!  >  機械工学

いざ学問選択!

機械工学

  • 何を学ぶの?
  • 大学選びココがポイント
  • 先輩たちの時間割
  • こんな研究しています
  • コラム
※特派員のプロフィールはアンケート回答時点のものです。

何を学ぶの?

産業の基盤を支える機械工学

機械工学は、機械が動く仕組みを学び、設計・製作を行う学問だ。
機械工学は大きく4つの分野に分かれている。「材料系」は機械に使う材料の特性や強度、新素材の開発が研究テーマ。「熱・流体系」では車やロケットのエンジンなど熱エネルギーを動力に変換する技術について学ぶ。「設計・製作系」では機械や部品の設計・製作・加工のノウハウを研究する。「計測・制御系」では機械をシステムとしてとらえ、測定・制御・運用する技術を扱う。
大学では、1・2年次に機械工学の基礎となる4力学(材料力学、流体力学、熱力学、機械力学)を学ぶ。3年次以降は実験・演習でさらに深め、設計演習もより高度で専門的になる。

大学選び ココがポイント

機械系学科には大きく2つの系統がある。機械工学全般を学ぶ機械工学科、もう一つは機械工学のなかでも計測・制御系に重点を置き、メカトロニクスや機械システムを中心に扱う学科だ。機械の知能化に焦点をあてる「機械知能工学科」、機械制御システムを統合・開発・設計する立場から機械工学を学ぶ「機械制御システム学科」などがある。
実験や演習が多いので大学の施設や設備の充実度もチェックしておこう。また、大学院の設置状況や進学状況なども調べておくとよい。

先輩たちの時間割

早稲田大学 創造理工学部 総合機械工学科 2年 ちゃいこ特派員の時間割

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1限 マテリアルファンダメンタルズ メカニカルドローイングデザインF CBD2
2限 マテリアルエンジニアリング 構造物のダイナミクス
3限 Academic Reading 2 フランス語文化入門 バレエ基礎 心身問題研究
4限 エンジニアリング・サーモダイナミクス 産業・組織心理学
5限 アドバンストマテリアルメカニクス メカトロニクス ジェンダーを考える
6限
※2年後期の時間割

おもしろい講義 「メカニカルドローイングデザインF」

機械製図を企業出身の方に教わって本格的にする。

こんな研究しています

東京農工大学大学院 機械システム工学専攻 修士課程 びわ・こごう特派員

自動車の自動運転・運転支援システムの研究開発

自動車の運動力学・制御工学・ロボット工学を活用して、近年注目されている、自動運転や運転支援システムの基礎研究を行っています。理論構築し、シミュレーションや実物のクルマを用いた実験により、評価を行います。自分の考えた理論に基づいて実際にクルマが動かすことができたときは、とても達成感があります。また、先輩の研究のなかには、実際に製品として発売されたものもあり、学生の研究でも社会に貢献していることが身近に感じられ、やりがいを感じます。

コラム 〜ロボットと人間が共存する社会を〜

あるテーマパークにはロボットが働くホテルがある。「世界初のロボットホテル」としてギネス世界記録認定を受けた。フロントでは多言語対応のロボットたちがチェックイン・チェックアウトの手続きを行い、クロークではロボットアームが荷物を預かる。
ロボットはメカトロニクスの代表選手だ。メカトロニクス(Mechatronics)とは、機械工学(Mechanics)と電子工学(Electronics)を合わせた言葉。自動車の組み立ての自動化等に役立つ産業用ロボットとして1960年代後半に実用化され、発達してきた。近年では、二足歩行の人型のロボットが開発されており、人間のように円滑な動作ができるよう機械を制御する技術は急速に進歩してきた。また、災害現場などの極限状況で作業を行うロボットや、人間の血管に入って手術を行う超小型ロボットなど、人間には真似のできない能力をそなえたロボットの研究・開発、実用化も進んでいる。ロボットと人間が共存する社会が訪れるのもそう遠くないかもしれない。

topに戻る

Kei-Net大学検索システムでこの学問が学べる大学を探す

学問一覧

  • 機械工学
  • 電気・電子工学
  • 情報・通信工学
  • 材料工学
  • 応用化学
  • 生物工学
  • 航空・宇宙工学
  • デザイン工学
  • 土木・環境工学
  • 建築学

前のページに戻る

ページトップへ