Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  志望校検索  >  学問ウォッチング  >  いざ学問選択!  >  電気・電子工学

いざ学問選択!

電気・電子工学

  • 何を学ぶの?
  • 大学選びココがポイント
  • 先輩たちの時間割
  • こんな研究しています
※特派員のプロフィールはアンケート回答時点のものです。

何を学ぶの?

電子の有効利用を考える

電気・電子工学は、電子のとらえ方によって電気工学と電子工学に分けられる。
電気工学では電子の流れ=電流(電気)を「エネルギー」としてとらえ、効率の良い発電や電力輸送、電気機器の制御や応用などを研究する。具体的にはリニアモーターカーの超電導やデジタル映像処理技術、太陽光発電など、新技術のカギを握る研究も多い。
一方、電子工学はエレクトロニクスともいい、電子を「情報伝達の道具」としてとらえ、電子デバイスを用いた情報処理や制御にかかわる技術について学ぶ。コンピュータのソフト・ハード面の開発、半導体レーザーや光ファイバーを用いたネットワーク技術、発光ダイオード(LED)など電子の性質を応用するさまざまな研究を行っており、現代の先端技術の基盤を支えている。

大学選び ココがポイント

電気・電子工学はそれぞれが専門性の高い分野であるため、学科・コース・専攻として独立させている大学もある。
また、一つの大学のなかに電気・電子系の学科が、機械や情報系との学際領域も含めて複数ある場合も多く、それぞれのカリキュラムを比較・検討することが大切だ。

先輩たちの時間割

東京理科大学 理工学部 電気電子情報工学科 1年 アンイチ特派員の時間割

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1限 現代物理学 電磁気学 電気回路
2限 英語 英語 経済 線形代数
3限 微積分 電気電子情報概論 電磁気学
4限 電気回路 実験 環境倫理 物理
5限 基礎情報工学 電磁気学
6限
※1年後期の時間割

こんな研究しています

大阪大学大学院 工学研究科 修了 LOTR特派員

低強度レーザーを用いた慣性核融合炉壁材料のアブレーション率計測

未来のエネルギーである核融合発電に関する基礎研究である。核融合とは2つの原子が1つに融合する反応のことで、その際、膨大なエネルギーを放出する。核融合炉内ではその膨大なエネルギー放出によって炉壁に大きな負荷がかかる。炉壁にかかる負荷をレーザーで模擬し、炉設計に必要なデータの取得と解析を行った。未来のエネルギー源である核融合発電の基礎に関われる。

topに戻る

Kei-Net大学検索システムでこの学問が学べる大学を探す

学問一覧

  • 機械工学
  • 電気・電子工学
  • 情報・通信工学
  • 材料工学
  • 応用化学
  • 生物工学
  • 航空・宇宙工学
  • デザイン工学
  • 土木・環境工学
  • 建築学

前のページに戻る

ページトップへ