Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  志望校検索  >  学問ウォッチング  >  いざ学問選択!  >  材料工学

いざ学問選択!

材料工学

  • 何を学ぶの?
  • 大学選びココがポイント
  • 先輩たちの時間割
  • こんな研究しています
※特派員のプロフィールはアンケート回答時点のものです。

何を学ぶの?

優れた機能をもつ新素材を開発

材料工学は、材料の構造とその機能を工学的に解明し、モノづくりに適した材料を開発する学問。
扱う材料には、鉄、アルミニウム、チタンなどの「金属材料」、液晶や有機ELなどの「有機材料」、セラミックスとも呼ばれる「無機材料」、それらを組み合せた「複合材料」などがある。金属材料では、形状記憶合金やクリーンエネルギーである水素を安全に貯蔵する水素吸蔵合金などが開発されている。
大学では材料工学の基礎となる物理、化学、数学とともに、金属や有機・無機材料についての基礎知識を学ぶ。その後、専攻に応じてセラミックス材料学、半導体材料工学、磁性材料学などを学ぶ。演習や実験、工場見学といった実践的な科目も多く、実験や分析に必要となるコンピュータ・情報処理に関する授業も重視される。

大学選び ココがポイント

工学部、理工学部の材料工、物質工、マテリアル工といった学科で学べるほか、大学によっては物理工学科、機械工学科などの一部のコースで材料工学の分野を学べる場合もあるので調べてみよう。
また、信州大の繊維学部のように地域産業に密着した特色のある学部や、機能材料工学科、機能物質科学科のように高機能・新機能をもつ材料の開発に重点を置く学科もある。

先輩たちの時間割

兵庫県立大学 工学部 1年 KING特派員の時間割

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1限 人文地理学概論 現代物理化学 基礎化学U 力学U演習
2限 代数学U 応用解析学T 機械材料工学概論 英語
3限 英語 工学論理 英語 機械材料工学実験
4限 韓国朝鮮語2 力学U 情報処理基礎
5限 食文化と環境 プログラミング演習
6限
※1年後期の時間割

こんな研究しています

京都大学大学院 工学研究科 修了 M.K.特派員

高エントロピー合金について

開発されたばかりの新しい合金について、強度などの力学特性を調べた。扱っている事例がまだ少ない新しい材料がテーマだったので、一つ一つの結果が新鮮だった。

topに戻る

Kei-Net大学検索システムでこの学問が学べる大学を探す

学問一覧

  • 機械工学
  • 電気・電子工学
  • 情報・通信工学
  • 材料工学
  • 応用化学
  • 生物工学
  • 航空・宇宙工学
  • デザイン工学
  • 土木・環境工学
  • 建築学

前のページに戻る

ページトップへ