Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  志望校検索  >  学問ウォッチング  >  いざ学問選択!  >  生物工学

いざ学問選択!

生物工学

  • 何を学ぶの?
  • 大学選びココがポイント
  • 先輩たちの時間割
  • こんな研究しています
※特派員のプロフィールはアンケート回答時点のものです。

何を学ぶの?

生物の機能を工学技術に応用

生物工学は、バイオテクノロジーとも呼ばれ、生物の優れた機能を生かし産業や医療への応用をめざす学問だ。
大学では「遺伝子工学」「細胞工学」といった技術を中心に研究が進められる。遺伝子工学では遺伝子の構造分析や遺伝子組換え技術などを学び、細胞工学では細胞を用いて有用な細胞や物質の生産技術を学ぶ。これらの技術と他の工学的技術を組み合わせて実用的なバイオ技術を開発していく。再生医療や食品・化粧品・医薬品の開発、生物資源(バイオマス)を利用した環境問題の解決など、幅広い分野での応用が期待されている。

大学選び ココがポイント

生物工学は、工、理工学部にある生物工、生命工、生命科学などの学科で学べる。近年は理学部生物学科や農学部の応用生命系学科とも研究の融合が進んでいるため、工学系に限定せず、自分の興味・関心にあった大学を探すとよいだろう。

先輩たちの時間割

大阪大学 基礎工学部 システム科学科 生物工学コース 卒業 ななこ特派員の時間割

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1限 線形代数 神経生理学 システム科学 生物化学
2限 数学 フランス語 一般教養(文科系) 量子力学 一般教養(文科系)
3限 システム科学概論 生物物理 ゼミ 実習
4限 電磁気学 英語
5限
6限
※2年後期の時間割

おもしろい講義 「ゼミ」

自身で興味のある研究室を訪問し、課題を設定して進める。必須科目ではないが、研究室のインターンシップのような感じで将来研究することが経験できてよかった。

こんな研究しています

大阪大学大学院 基礎工学研究科 修了 ななこ特派員

ヒトの立位姿勢のコントロール方法の解析

ヒトがどのようにして立位姿勢を保っているのか、重心の揺れ方と筋電から推測する研究をしていました。立位姿勢を保つには、重心が上にある不安定な自分の体に対して、常に筋肉への指令を出してコントロールする必要があり、重心の揺れ方(脳が感知する信号)と筋電(脳からの指令信号)をもとに、脳がどのような計算をしているのか、計算モデルを作りました。ヒトの脳がどのような計算をしているのか、シミュレーションをして、実際の信号とどのくらい似ているか確認しました。人間を対象に実験する点は面白かったです。

topに戻る

Kei-Net大学検索システムでこの学問が学べる大学を探す

学問一覧

  • 機械工学
  • 電気・電子工学
  • 情報・通信工学
  • 材料工学
  • 応用化学
  • 生物工学
  • 航空・宇宙工学
  • デザイン工学
  • 土木・環境工学
  • 建築学

前のページに戻る

ページトップへ