Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  志望校検索  >  学問ウォッチング  >  いざ学問選択!  >  航空・宇宙工学

いざ学問選択!

航空・宇宙工学

  • 何を学ぶの?
  • 大学選びココがポイント
  • 先輩たちの声
  • 先輩たちの時間割
※特派員のプロフィールはアンケート回答時点のものです。

何を学ぶの?

最先端技術を結集した総合工学

航空・宇宙工学は、航空機やロケット、人工衛星や宇宙ステーションなどを研究・開発する学問だ。その設計・製造・運用の理論を学ぶため、物理学、機械工学、材料工学、情報・通信工学などを結集した総合工学といえる。
航空・宇宙工学は大きく、空気抵抗や浮力を研究する流体力学、機体の材料や構造・設計に関する材料・構造力学、飛行に必要なエンジンを研究する推進工学、機体の操縦性能や飛行の安定性を追求する航空・制御工学の4つに分かれる。これらの分野を軸に、学ぶ内容は広範囲にわたる。進歩が著しい分野だけに、最先端の技術にも触れることができる。
大学ではまず基本となる数学や物理を勉強し、専門課程になると宇宙や航空に直接関連した科目を学ぶ。華やかにみえるこの分野だが実は地道な研究の連続。コツコツと努力を積み重ねることが必要だ。

大学選び ココがポイント

航空・宇宙工学系学科をもつ大学は数が少ないこともあり、かなりの難関だ。物理や化学などの高度な知識が必要なうえ、海外の技術者との共同研究も盛んなので語学力も求められる。「航空」「宇宙」という名称が含まれない機械系や情報・通信工学系、材料系学科でも、飛行機や宇宙を対象として研究している大学もある。

先輩たちの声

ロボットや車、航空機、ロケットなどについての専門的な知識を幅広く学ぶことができます。
(名古屋大学 工学部 機械・航空宇宙工学科 1年 str特派員)

先輩たちの時間割

九州大学 工学部 機械航空工学科 卒業 A.M.特派員の時間割

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1限 制御工学第二 技術英語 機械工学特別講義第二
2限 機械振動学 数理統計学概論
3限 機械振動学 システム工学
4限 機械工学設計製図 反応性ガス熱力学
5限 加工機器
6限
※3年後期の時間割

topに戻る

Kei-Net大学検索システムでこの学問が学べる大学を探す

学問一覧

  • 機械工学
  • 電気・電子工学
  • 情報・通信工学
  • 材料工学
  • 応用化学
  • 生物工学
  • 航空・宇宙工学
  • デザイン工学
  • 土木・環境工学
  • 建築学

前のページに戻る

ページトップへ