Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  親の気持ち、子のキモチ  >  励ましの言葉はタイミングよく

親の気持ち、子のキモチ

励ましの言葉はタイミングよく〜一歩譲って冷静に


 がんばっている子どもに励ましの言葉をかけたくなるのが親心というもの。しかし、この励ましが子どもにとってかえってプレッシャーになることもあるようです。
 「いちいち勉強のことを聞いてきて不快だった。」(国際教養大国際教養学部 T.Y.さん)
 「勉強をしっかりし終えて休んでいるだけなのに、勉強しなさいと言われたこと。」(福井県立大生物資源学部 Kaminiisamaさん)
 個人差はあるでしょうが、よかれと思った励ましの言葉が、受験期の子どもに重く響いてしまうこともあるようです。また、「勉強しなさい」の一言もなかなか難しいものです。勉強しなくてはと自分でも思っているところに親からうるさく言われてやる気がなくなってしまった、といったコメントは毎年よくみられます。

 どんな言葉も大切なのはタイミング。まるで口癖のように「がんばれ」「勉強しろ」と言われ続けたら、子どももうんざりしてしまいます。
 まずは子どもの努力を認めること。そして、努力が結果となって表れた時には褒める。うまくいかなかった時にはさりげなく次のチャンスに目を向けるよう示唆する、といった態度が望まれます。
 熱心な親によくありがちなのが、受験生本人より受験にのめり込むといったこと。
 「何を言っても、自分が絶対正しいとして譲らなかったこと。発言をコロコロ変えること。息抜きを押し付けてくること(僕の方から頼んでも許可しないくせに)。勉強法を押し付けてくること。親が金銭を出していることを盾にして黙らせようとしてきたこと。受かるの?と聞いてきたこと。」(慶應義塾大理工学部 Y.O.さん)
 主役はあくまでも受験生本人。親は子どもの様子によく注意しながらも、温かく見守りたいものです。

 ほかに気をつけたいのは、「大丈夫なの?」「こんな点数しか取れなかったの?」「(合格が)早く決まらないの?」「また落ちたらどうするの?」など、ついつい自分の不安を子どもにぶつけてしまう言葉。今更どうにもならないことや、答えようのない問いかけをされても子どもは困るばかりです。
 また、「落ちたら就職だからね」など、感情に任せてつい言ってしまった言葉や、「良い大学に入ってくれなきゃ親戚に恥ずかしいじゃない」など自分の都合を押しつけるような言葉も、子どもは反感を覚えます。
 長い受験期、たまには親子ゲンカもあるでしょうが、親としては一歩譲って冷静になりたいものです。

お子様につい言ってしまって後悔していること
  ※保護者アンケート:2018年4月実施

  • 一度だけ「落ちたらどうするの?」と言った時「ちゃんとやってるから」と返され、信じてないようなことを言ってしまいすごく後悔した。(東京都 I・Rさん)
  • 何でも先に手を差し伸べたのが悪かった。もっと自主性を重んじれば良かった。(兵庫県 K・Nさん)
  • 親の面子を考えてほしいと言ったことでしょうか。(愛知県 M・Mさん)
  • 黙って見届けようと思い気を使いすぎてしまっていた。その結果、試験前に怒ってしまったりして。(茨城県 I・Yさん)
  • やりたい事は決まっていたので、もっと広い地域で受験校を調べて受験させれば良かった。(群馬県 T・Mさん)
  • 自宅から通えない大学でもいいと最初に言ったが、途中から自宅圏内に変更した。最初からそう言えば良かった。(北海道 O・Hさん)
  • 合格発表前に1番不安な本人をよそに、親の不安を前に出してしまった。(大阪府 Y・Cさん)
  • 起こさないと昼まで寝ているので、朝ご飯は自分で作って勝手に食べろと言ったこと。(東京都 K・Aさん)
  • 私立はお金がかかるから、行かせれないよ!国公立が受かるように頑張って。(愛媛県 O・Jさん)


ページトップへ