Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  親の気持ち、子のキモチ  >  親子の話し合い

親の気持ち、子のキモチ

親子の話し合い〜子どもの考えを知り、親の考えを伝える


 大学受験に際し、親の考えを伝えることは大切です。人生の先輩である親の意見は、進路決定の重要な参考になるでしょう。しかし、親の考えだけを押しつけてはいないか、注意する必要があります。子どもも一方的に言われるだけでは素直に従えるものではありません。アドバイスをするにしても、まず子どもの考えをじっくり聞いてやることが大切です。自分の考えも尊重されていることが分かれば、お子様も心を開くのではないでしょうか。

 話し合いのなかでも欠かせないのは費用面についてです。大学進学にかかる費用は、多くの場合、家計をかなり圧迫します。子どもも充分、親に負担をかけているという自覚を持っているようです。子どもに心配させまいと、学費について一切話し合いをしないのは考えものです。
 受験生の回答には、「受験に必要な経費を伝えるたびに嫌そうな顔をされた。見ているこっちが辛くなった」などというものがありました。不快感がつい顔に出てしまうのも、家庭の経済事情を子どもが理解せず、協力もしてくれないという親の思い込みが要因となってはいないでしょうか。親がストレスを溜めたりするのでは逆効果です。

 国公立大・私立大のどちらに進学するか、地元の大学か、親元を離れて一人暮らしをするのか。子どもの進路選択によって、家庭の出費は大きく変わってきます。なるべく早い時期に、親の希望や家庭の経済状況を子どもに伝え、奨学金や給費生制度の活用も含めて、きちんと話し合いをしておきましょう。

受験について話題になったこと
 ※保護者アンケート:2018年4月実施

大学進学・受験に関してお子様と話し合いをしましたか?

  • 普段の過ごし方や大学に行く行かないが本人の将来にとってどんな影響があるかを話しました。どんな働き方をしたいかイメージして受験に臨むよう言いました。(愛知県 I・Nさん)
  • 親元を離れるにあたり、金銭面、生活環境の変化に伴う諸々の事柄。(大阪府 Y・Kさん)
  • 進路選択について。実力に見合うのか、思い描く就職先に必要な学問であるか。(奈良県 H・Aさん)
  • 学部は関係なく有名校を望む父親と、就職率の高い大学・学部を希望する母親と、自分の勉強したい大学・学部を選ぶ子供の3者で意見が分かれ、本人の偏差値を見ながら受験校について話し合いました。最終的には本人の意思を尊重しました。(静岡県 Y・Sさん)
  • 医師を目指す意義やその仕事の社会的役割。女性として生涯を送るのに当たり仕事をどのように携えて行くか。(愛知県 T・Mさん)
  • 入学後やりたい事や、それを実現できる学校はどこなのか?自分に合ってる学校なのか、オープンキャンパスに行ってみたら?というようなこと。(埼玉県 F・Yさん)
  • 第一志望は決まっていたが、いわゆるすべり止めの学校が決まっていなかったので、どう選択するのかを話した。(神奈川県 O・Hさん)
  • 自分の学びたい分野について、それに伴いどの大学を受験するか。(千葉県 H・Tさん)
  • 私立大学を何校受験するか。受験日程と受験タイプに無理はないか。(広島県 K・Nさん)


ページトップへ