Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  親の気持ち、子のキモチ  >  あまりに無知・無関心は考えもの

親の気持ち、子のキモチ

あまりに無知・無関心は考えもの〜ある程度の情報収集は必要


 「親が受験の制度を知らなさすぎて不安に思った。」(岐阜大医学部 カルテットどーなつほーるさん)
 「受験前日に早く寝ようと思ったのに、いつも通りに過ごしているから、うるさくて眠れなかった。」(中央大理工学部 LEMONさん)」)
 相談したり指示を仰いだりするべき親があまりにも受験に関して無知・無関心。子どもにとって、これはかなり不安なことです。受験についての情報やお子様の状況を把握し、勉強に集中できる環境を整えてあげることが大切です。
 「あんまり詳しくその大学のことを調べてもいないのに、適当なことを言ってきた時。」(上智大総合人間科学部 ぴよさん)
 「自分の時代と私の時代での大学受験の様子が違う事をあまり認識しておらず、前はこうだった、と理想を押し付けてくるところ。」(上智大理工学部 M.M.さん)
 子どもも親に対して完璧な受験知識やアドバイスを求めているわけではありません。受験制度はもちろん、大学・学部の位置づけや大学進学の意味合いも時代によって変化しています。一方的に決めつけることなく、分からないことは子どもに説明させるくらいの気持ちで、子どもと話し合うことが大切です。「受験」を通して、親子のコミュニケーションを深め、子どもはもちろん親も成長できる、そんな親子関係を築けるよう努めたいものです。

我が子が「成長したな」と感じること
 ※保護者アンケート:2018年4月実施

受験を経験したことで子どもが成長したと感じますか?

  • 自分から考えて取り組む様になった。講師の先生にも積極的に質問していた様です。(福岡県 K・Fさん)
  • 努力する事の尊さと結果に繋げることができたことによる自信を得たと感じます。(福井県 M・Tさん)
  • 今まで必死になって勉強しているところを見たことがなかったのに、一番下の弟の面倒を見ながら何時間も勉強していたこと。(滋賀県 N・Sさん)
  • クラスのほとんどが推薦入試だったのですが、流されることなく最後まで一般受験で頑張った集中力は、本当に褒めてあげたいです。浪人になってしまいましたが、もう一度挑戦するとのことで妥協しない根性に成長を感じます。(静岡県 K・Nさん)
  • 諦めない事への重要性や、物事に対しての謙虚さ。(東京都 K・Gさん)
  • 精神的に落ち着きが出て、プレッシャーと上手く付き合えるようになった。友達関係の幅が広がった。(神奈川県 I・Mさん)
  • 人生遠回りした分、浪人生の気持ちや、落ちた人の気持ちがよく分かった。苦労したのでいろいろ感じる一年だったと思う。(千葉県 T・Yさん)
  • 自分の進む道をよく考える中で、社会のことも考えるようになった。推薦の論文対策で、新聞やネットで、社会情勢を調べたり、自分のできること、やるべきことなど深く考えるようになった。(岐阜県 Y・Hさん)
  • 勉強への取り組み方が変わり、今までの自分自身のやり方が間違っていた事がわかり、他人の意見も聞ける様になった。(大阪府 M・Yさん)
  • 最初に自分が決めた目標に信念を持って、毎日ひたすら淡々とやり遂げる姿。(滋賀県 O・Jさん)


ページトップへ