Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  親の気持ち、子のキモチ  >  一言アドバイス

親の気持ち、子のキモチ

一言アドバイス〜これから受験を迎える受験生とそのご家族へ


 受験期には保護者も不安や悩みが尽きません。ここでは受験を終えたお子様を持つ保護者の方からいただいたアドバイスをご紹介します。ご自身の経験から得られた貴重なアドバイス、お子様との接し方のヒントがいっぱいです。

親の心得

受験するのは子ども本人です。人生を切り開いていくのも本人です。あまり口出しすぎることは逆効果になります。プラスのイメージだけを提示して、後は温かく見守る事で充分だと感じました。お子さんの頑張りを信じてあげてください。(栃木県 I.Mさん)

子供との距離感が非常に難しい多感な時期なので見守る姿勢を保った振りをすることにとても疲れます。でも、当事者はもっと緊張していることを思うとあまり余計なことを言わない方がよいかもしれません。(青森県 S・Mさん)

お子さんの成績や生活態度など気になると思いますが、子供自身も迷ったり、悩んだり、頑張っていると思います。相談してきたら一緒に考え、あとは見守って信じてあげることが大事では、と受験を終えて思います。(東京都 M・Sさん)

本人の考えを尊重して、親の意見を(言うのは構いませんが)押し付けないようにすることが大切だと思います。体調管理などには、積極的に関わる必要があるとも思います。(京都府 S・Yさん)

高みを目指す事はとても大切だと思います。初めから線引きをして諦めてしまうと、勝ち取れるものも手からこぼれ落ちてしまいます。子供の側で、諦めない気持ちを持ち続けられるよう見守ることが大事だと思います。(埼玉県 T・Yさん)

大学生になると多くの人が、親から離れ人間として独り立ちすることになります。学生時代は勉強以外にも、様々な経験をすることとなります。受験生のモチベーションが下がった時は、大学生になればいろんな経験をすることができることをイメージさせ、意識を高めるのがいいのではと思います。(広島県 Y・Tさん)

色々言いたい事は出てきますが、グッと我慢。特に点が上がらない。判定が出ない。などは、本人が1番わかり、気にしているので、そこはあまり触れず、家に居る時は気持ち良く過ごせる様にしました。(岡山県 O・Cさん)

ページの上部へ戻る


備えあれば・・・

費用、ホテル、どこを受験するにもいつでも動けるように、早めにおさえておくことです。あとは、試験成績には口出しせず、費用全般については詳しく話し合うなど大事かなと思いました。(宮城島県 M・Mさん)

本人が振り回されない程度の親の情報収集、対策は大切。(広島県 K・Mさん)

うちは、本人のやりたいことが決まらず結果いろいろな学部を受験することになりました。科目数や試験範囲も微妙に違ってくるので、本人の負担も大きかったと思います。事前に情報収集し、早めの希望大学の設定ができれば無駄のない受験勉強をすることが合格への最短方法だと思います。(東京都 S・Mさん)

子供が成績を上げるのに頭がいっぱいの時は悲観的になり志望大学を調べるのに消極的だったりします。本来なら本人が志望校を選ぶべきだと思いますが、間際になって慌てないよう有名ではない大学も含め本人に合っている大学を調べる事を早いうちから親もしておく事をお勧めします。(神奈川県 Y・Tさん)

ページの上部へ戻る


健康管理〜入試は万全の体調で

大変なのは子供だということは重々分かっているのですが、本当に本当に保護者も大変です。メンタル面でのサポートが欲しいと何度も何度も思いました。保護者の方々も息抜き、気分転換をしながらお子さんと一緒に乗り越えて下さい。また、受験間近になってのお子さん、ご家族様の健康管理には十分に気を付けて欲しいです。(愛知県 N・Aさん)

やはりいつも通り接することが一番いいのかなと思います。それから食事、健康面です。息子は家では全く勉強せず、外で勉強していました。私の目にはわからないので本当に勉強しているのか?でしたが、信じるしかありませんでした。いつも通り、ご飯を作り、信じるですね!(東京都 K・Sさん)

親の役目は、食生活も含め環境を整える事と金を用意する事に尽きると思います。進学するにあたって、もし本意ではない結果になっても子供が不安を抱かないように、また、どの道を通っても正解と本人が思えるように、見守ってあげて下さい。(大阪府 N・Iさん)

ページの上部へ戻る


激励〜声かけはこんなふうに

褒められて嫌な思いをする子はいないので、褒める「チャンス」がある時は、大げさなくらい褒めてあげるのがよいと思います。人間は何歳になっても、親に褒められるのが一番嬉しいはずです。1教科でも点数が良かったり、模試の偏差値が上がった時に、「すごい!すごい!頑張ったわね」と言うだけでも、嬉しそうな顔をするので、褒めること自体、親も楽しくなってきます。予め、褒める言葉を考えておくのがお勧めです。(東京都 K・Mさん)

あまりガミガミ言い過ぎると反発もあると思うので、時々、体調はどうかとか、睡眠は取れているかとか、少し距離を置いて、でもきちんと見守っているということが分かる程度に接するのも良いかも知れません。(愛知県 S・Mさん)

おいしい食事や、家族との会話が楽しみで毎日勉強していると娘は言っていました。全てのお子さんに当てはまるかわかりませんが、おいしい食事を用意したり、楽しい話を話してあげたりしてみてください。(宮城県 O・Sさん)

志望校が決まれば親は頑張る我が子を応援するのみです。模試の結果が悪ければ悪いほど本人が一番傷ついていて、またそこからやる気にさせるような言葉がけが必要で、やる気をそぐような言葉は言いたくても我慢です。(神奈川県 A・Mさん)

ページの上部へ戻る


子どもを信じて

やりたい方向性が見えてくると、本人のやる気も全然違うので、大学の先の話を普段からいろいろしてあげると良いかと思います。(千葉県 M・Kさん)

なかなか照れ臭くて話せないと思うが、子供と志望校や受験に対する親や子供の気持ちなど、早い段階から話せると良いなと思った。面と向かって話すと構えてしまうので、テレビを見ながらやご飯を食べながら、サラッと聞いてみると良いと思った。実際私はそうやって聞き出した。(愛知県 N・Kさん)

勉強の進み具合などは親からは聞かないようにし、家庭は子供にとって安らげる場所であるよう、普段どおりの雰囲気づくりをしてあげてください。その代わり、子供から不安や悩みなどを訴えてきたときは、きちんと受け止めてあげてください。(神奈川県 F・Nさん)

子供が頑張っている雰囲気を察し、じっと見守ることに徹する。他方、弱気になったり気分が荒れているときにはタイミングよく声がけをすることが重要。(兵庫県 T・Kさん)




ページトップへ