河合塾の大学入試情報サイト

世界史B

2021年度入試(2021年4月入学生向け入試)からセンター試験に代わり、「大学入学共通テスト」が導入されます。

共通テストに向けてどのような学習を行えばよいのか、河合塾講師からの学習アドバイスをご紹介します。

河合塾講師からの学習アドバイス

世界史B学習アドバイス

2017年・2018年に実施された2回の試行調査(試行テスト)の分析から判断すると、2021年から実施される共通テストでは、歴史用語の知識量ではなく、歴史に対する理解力や判断力が問われると考えられます。そこで、歴史用語を教科書の太文字程度に限定した上で、歴史用語を「暗記する」のではなく、因果関係やそれぞれの時代のイメージを意識して「理解する」学習が重要です。
共通テストでは、教科書をもとにした学習で得た知識と、問題で提示された資料・地図・図版などから読み取った情報を、重ね合わせて判断するような問題が出題されるでしょう。
このような出題に対する対策としては、歴史的な出来事の背景、原因・結果、影響など、すなわちタテのつながりとヨコのつながりを考えながら学習することが必要です。また、教科書を学習するさいに、教科書本文の文字情報だけではなく、資料・地図・図版、さらにはコラムにも目を通しておくことが大切です。過去のセンター試験の問題は、基本的知識の確認に活用しましょう。その上で試行調査の分析をもとに作成された模試や予想問題を使っての問題演習が効果的です。

大学入試センター発表資料

令和3年度試験情報令和3年度試験情報

共通テストの時間割や問題作成方針などが掲載されています。

平成30年度試行調査平成30年度試行調査

平成29年度試行調査平成29年度試行調査

[参考] 2020年度センター試験 問題構成と設問別分析

大問 分野 配点 マーク数
1 文化の繁栄や受容 25 9
2 戦争や対外関係 25 9
3 図書館と書物 25 9
4 人やモノの移動 25 9
合計 100 36
前へ
次へ

設問別分析

第1問
文化の繁栄や受容をテーマとした問題。問1の「ミラノ勅令」と「ヴァチカン市国」、問9の「カーター大統領」と「棍棒外交」の組み合わせなど、正誤の判定が単語中心で受験生には取り組みやすい問題が多い。
第2問
戦争や対外関係をテーマとした問題。問6の6択の整序問題は、戦後史からの出題でもあり、難易度が高い。同じく現代史の問題である問8では、「新生活運動」という一部の教科書にしか記載されていない用語が出題されている。
第3問
図書館と書物をテーマとした問題。問1の年表問題は、ファーティマ朝がカリフを称すると、対抗して後ウマイヤ朝がカリフを称したことを知っていれば、年代に関係なく正解できる。問8の地図問題は、ナチス=ドイツがポーランドに返還を要求した都市と地図上の位置の組合せを選ぶ問いであった。
第4問
人とモノの移動をテーマとした問題。問7は、戦後史からの出題であるが、人物と国の組合せで判断できる問いである。問9はグラフを使った出題で、a・bの短文の出来事の年代がわからないと判断できないので、事実上の年代問題となっている。

[参考] センター試験 平均点の推移

年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度
平均点 63.0 65.4 68.0 65.4 67.3
前へ
次へ

※共通テストの平均点について

2018年に実施された共通テスト 試行調査では、平均得点率が5割になるように作問されました。
2021年1月実施の共通テストで想定する平均得点率は明示されていませんが、同様の得点率を想定して作問されると考えられます。

共通テスト 科目別学習アドバイス

PAGE TOP