河合塾の大学入試情報サイト

予習・復習・テスト対策に万能ノート

東北大学 法学部 3年 CoISEA特派員

ノートの使用用途
学校の古文読解の授業用

POINT1色ペンは使い分ける!

ノートに書き込む色ペンを使い分けることで、授業後の復習がより円滑なものとなり、テスト前も再確認がし易くなります。私の場合は、とりわけ先生が強調した部分はすべて赤で記述しました。他に、品詞の種類や助詞の意味、敬語の種類などは橙色で、敬語の対象は青色でメモを取っていました。色について、自分が一目見て「この色だからこれこれについて書いてある」というようにわかるものを使うと、出鱈目にペンを使ってメモを探すより手短に済みますし、何より見た目も統一されます。

ノートイメージ①
<上のページ>
ノートイメージ②
<下のページ>

※画像をクリックタップで拡大

POINT2訳の<訂正>と<解釈の違い>を区別する!

授業には常に本文の現代語訳を行ってから臨んでいましたが、当然間違っている部分や先生と解釈が異なる部分が出てきます。私の場合は、間違っている部分は二重線で消し、解釈が異なる部分は、間違ってはいないか先生に確認を取った後、括弧で囲んで予習の横にメモをしました。こうすることで復習のとき、間違っている部分については新たな解釈のみを再確認でき、解釈の異なっていた部分については二つ以上の訳で理解が深まります。

POINT3本文と現代語訳は別のページに記述する!

本文の横に現代語訳を書いている人も多いですが、私はノートを縦にし、上を本文、下を現代語訳とその他メモに充てていました。そうすると、本文中の語句の関係をメモするとき、図(上のページ)の緑マーカーのように近くでメモをすることができ、見やすくなります。

ADVICE
古文はコツコツやれば必ず伸びる科目だと思います。予習を完璧にして授業に臨むのが理想ですが、部活などで厳しい場合でもさっと読んで分からないようなところを傾注して聞いたり、本文を写したりするだけでも必ず力になります。つまり、前提知識が多少でもあることが大事です。ノートの作成方法については、様々な事が言われると思います。私も三点ほどポイントを提示しましたが、結局一番大事なのは、自分が分かるかどうかです。大いに試行錯誤して、その中で私のものも参考にしていただければ幸いです。

先輩の勉強ノート大公開一覧へ戻る

PAGE TOP