河合塾の大学入試情報サイト

お供になるノートを作る!!

青山学院大学 教育人間科学部 1年 弾正少弼特派員

ノートの使用用途
学校の授業で使っていた古典のノート

POINT1上下で本文と訳を分ける

ノートの中央半分に線を引いて、二段に分けます。そして、上に教科書の本文を、下に和訳を書くようにしていました。隣に訳を書いてしまうと、どうしてもどちらが現代語訳かがぱっとわかりづらかったのですが、上下で分けるとテスト前にもすぐに見直せるノートが出来上がります。

ノートイメージ①
<上のページ>
ノートイメージ②
<下のページ>

※画像をクリックタップで拡大

POINT2しっかり品詞分解する

品詞ごとにマークを決めて、動詞は△、助動詞は□として、どれがどの品詞なのかを視覚的にわかりやすくしていました。品詞分解する力は入試問題を解くときの基礎になるので、授業で扱う本文だけでも、丁寧に品詞分解をしておくとよいと思います。

POINT3色分けをしっかりとする

現代語訳にしたときに、調べた単語、意味の暗記があやふやだった単語は緑色で現代語訳欄に書くようにしていました。また、本文にはないけれど、現代語訳にする時には付け足した主語や助詞(例えば「~は」の「は」等)は青色で書く、などと決めて省略された主語や助詞がどれなのか、現代語訳するとどうなっているのかがすぐにわかるように工夫していました。

ADVICE
ノートを作る時の基本は、「自分が後で見返した時に見やすいノート」、というのが大前提だと思います。そして、なるべくノートはスペースを広めにとって作るのがおすすめです。文字がぎっちりつまっていると、後で書き足すことも難しく、また見返すのにハードルが高く感じてしまいます。気軽な気持ちで「まずはノートを見返すだけでもやろう」、と思えるようなノートを目指すことが大切だと思います。また、受験直前になったら、模試で何度も間違えたところや苦手分野を、教科ごとにまとめるのではなく、ノート1冊に集約して、入試の日はそれ1冊あれば大丈夫、というお守りノートを作ると良いと思います。

先輩の勉強ノート大公開一覧へ戻る

PAGE TOP