河合塾の大学入試情報サイト

時間をかけずにつくれる!綺麗で見やすい講義ノート

東京理科大学 理学部 1年 しょるん特派員

ノートの使用用途
予備校の講義用

POINT1綺麗で見やすいノートづくりの二大ポイント

学校や予備校の講義ノートは綺麗にとると、復習するときやテスト直前などに見返しやすくていいですよね。ですが、ノートを綺麗にとろうとすると、ノートをつくることで精いっぱいになって、時間がかかったり、講義の内容が頭に入ってこなかったり、大事なポイントを聞き逃したりしてしまいがちです。今回は、そんな悩みを解決する、時間をかけずに綺麗で見やすい講義ノートをつくる方法をご紹介します。
綺麗で見やすいノートづくりの二大ポイントは、

☆ インデントをそろえる

☆ 余白を広くとる

ということです。
「インデントをそろえる」というのは、項目ごとに縦をそろえる、ということです。例えば、私のノートでは、②や③を1マスずつ空けて、a.、b.、c.を2マスずつ空けて書いています。こうすることで同じくくりの項目の縦がそろうので見やすくなります。また、ノートを節約しようとしたり、1ページあたりの情報量を多くしようとしてキツキツに書いたりすると見づらいノートになってしまいます。そんなノートに、後から先生が付け足したことや、自分で気づいたことなどを書き足すと余計にゴチャゴチャして見づらくなってしまいますよね。「余白を広くとる」ようにすれば、すっきりして見やすくなるうえ、後から書き足してもゴチャゴチャすることはなくなります。

ノートイメージ①

※画像をクリックタップで拡大

POINT2図はシンプルに描こう

ノートをとるうえで厄介なのが図です。図は一瞬で物事を理解させてくれる力を持っている反面、綺麗に描こうとすると時間がかかります。複雑な図であればなおさらです。ですが、シンプルな図であれば、それほど時間はかからないはずです。図を描くときはできるだけシンプルにするということを心がけてください。私のノートでは、実験装置の図を簡略化して描いてあります。ビーカーの注ぎ口がとがった図でも、斜め上から見たような図でも、本質的な情報は変わりません。だったら、できるだけシンプルな方が、素早く描けるし、見やすくなりますよね。

ノートイメージ②

※画像をクリックタップで拡大

POINT3ふきだし・枠を活用しよう

ノートでメインとなるのは板書ですが、先生が口頭で言ったことや豆知識など、ちょっとしたメモを書き添えたいことってありますよね。付箋を使うと、『付箋を剥がす→書く→貼る』という無駄な時間が生まれてしまいますし本文中に埋め込むと、メインのことがらが埋もれてしまうかもしれません。欄外に書き込むと、どこと対応しているのかがわからなくなるかもしれません。そんなときは、ふきだしを使うことをおすすめします。ふきだしを使えば、本文中に埋もれることなく、対応関係も見失わずに素早く書き込むことができます。また、ふきだしの色を変えることで、先生が言ったことと、自分で調べたこと、気づいたことなどを区別することができます。私のノートでは、自分で調べたことは青いふきだしで書き込んであります。
授業では、基本事項の解説だけではなく演習問題の解説もあります。基本事項と演習問題の解説を同じノートに時系列に沿って書き込むと、後で見直すときにどこに基本事項がまとまっているのかがわかりにくくなってしまいます。だからといって、演習問題用ノートを別につくると、今度は、どの分野の演習問題の解説が書かれているのかということがわかりにくくなってしまい、後から参照する際に時間がかかってしまいます。そんなときは、枠を使うことをお勧めします。私のノートでは、演習問題の解説部分は、5マス開けることで「インデント (→ Point 01)」を区別し、さらに青い枠で囲うことで、基本事項の部分と区別しています。こうすることで、基本事項の部分を見やすくしつつ、時系列に沿って演習問題の解説を書き込むことができます。

ADVICE
いかがでしたか?慣れるまでは意識的にやる必要がありますが、慣れたら意識しなくても使えるようになっていきます。ここで紹介したことは、記述式答案を綺麗に作成するうえでも役立つと思うので、ぜひ試してみてくださいね。
ちなみに、ノートは5ミリ方眼のものをオススメします。縦、横、斜めの線が引きやすく、円などの図形のバランスもとりやすいので、図は描きやすいですし、「インデント(→ Point 01)」も合わせやすいですよ。
なお、私のノートには、Point 01~03で紹介しきれなかったポイントが、もうすこし詰まっているので、よかったら探してみてくださいね。
このページを見てくれた皆さんが、素敵なノートでいい結果をつくり出せることを願っています!応援しています!

先輩の勉強ノート大公開一覧へ戻る

PAGE TOP