河合塾の大学入試情報サイト

入試当日まで使える!英文法見直しノート

南山大学 経営学部 3年 さてほ特派員

ノートの使用用途
センター・私大入試向けに英文法の間違えた問題をまとめたノート

POINT1全て手書きで書く

復習用のノートを作るとき、問題や解答をコピーして貼る人も多いと思うのですが、私はあえて全て手書きで書くことを心がけていました。なぜなら、手書きで書いたほうがより記憶に残りやすいと思ったからです。自分の気に入った色のペンで書けるし、補足事項などを好きなだけ書けるので、とても愛着がわくノートになります。

ノートイメージ①
ノートイメージ②
ノートイメージ③

※画像をクリックタップで拡大

POINT2自分が納得できるように書く

問題集や過去問で間違えた問題の解説を読んでも、なんでその答えになるのか分からなかったり、解説が不十分だと感じることってありますよね。私もしょっちゅうありました(笑)。市販の参考書は自分専用に作られているわけではないので、このような事態は誰にでも起こりうることだと思います。そこでこのノートでは、問題集・過去問の解説を書き込むだけでなく、解説を読んでも理解できなかったところは自分で調べたり先生に聞いたりして、どんどん書き込むようにしていました。
大事なのは、解説を読んだだけで理解できた気になってはいけないということです。もちろん解説は読んでノートにまとめてほしいのですが、それ以上に「解説には載ってないけれど自分が新しく知った知識」を積極的に探して吸収してほしいと思います。

POINT3同じ問題が出てきたときに絶対間違えないようにする

ノートにまとめたのにまた同じ間違いをしてしまうことがありました。そんな時は、その問題に付箋を貼って問題と答えを覚えるまで何度も何度も見直していました。文法問題は、出題パターンが決まっているので、自分がミスする問題を覚えてしまえば、ぐーんと間違いが減ります!

ADVICE
このノートを作るにあたって特にこだわっていたことは、ペンの使い方です。まず、オレンジやピンクのペンで答えや日本語訳、覚えなければならない文法・語法を書きます。ここで書いた部分は、赤シートで消える色で書いているので、後で何度でも解きなおしたり文法・語法を復習したりできます。次に、文構造をとったり関連表現も書きたいところは緑や青のペンで書き込みます。こうして自分オリジナルの問題集と解説が出来上がります!そして、ノートを作っておしまいではなく、常にこのノートを持ち歩いて、移動時間やちょっとでも時間が空いたりしたときは、すかさず見直すようにしてくださいね!

先輩の勉強ノート大公開一覧へ戻る

PAGE TOP