河合塾の大学入試情報サイト

普段の勉強から受験までの英語ノート!

千葉大学 文学部 3年 R.O.特派員

ノートの使用用途
問題復習用 受験直前のケアレスミス対策

POINT1ノートの大きさ、種類、表紙について

私は高校3年次からこのノートを作り始めましたが、もっと早い時期から作り始めると結構な量になると思います。そのため、ノートは罫線があれば安いもので構わないです。また持ち運んで何度も読み返せるように、大きさは小さいものにするのが良いと思います。表紙も活用しましょう。表紙は何度も目にする「ページ」なので、一番気をつけるべき点などを書くと良いと思います。私は英語の長文読解が得意でしたが、逆に読み飛ばしてしまうことがあったので、「文を流し読みしない」と書きました。

POINT2ノートの中の書き方、書く内容について

効率よく勉強するために、基本的には「量より質」と考えるべきですが、このノートは「質より量」だと思います。毎日問題集を解く中で、あるいは期末テストや模試の中で、間違った問題、ちょっと考え方が違ったな、という問題、全て書いていきます。単語のページと文法のページ、時間が勿体無いので分けなくて構いません。どんどん書いてください。色ペンもあまり使っていませんが、最低限の見やすさを保つために水色で文の構造、オレンジで熟語、その他注意するポイントを書き込みました(赤青などの原色だとよりはっきりみえますが、目がチカチカするので私はこの2色を使っていました)。この見やすさの基準も自分でアレンジして、書くことに時間を費やさないようにしましょう!

ノートイメージ①

※画像をクリックタップで拡大

ADVICE
ポイントの部分にも書きましたが、ちょっと迷ったらすぐ書いてください。書くのが面倒になると思うので、見やすさは最低限に、簡潔にしましょう。ある程度溜まったら単語帳&文法書&センター対策&二次対策のノートになります。じっくりでなくて構わないので、できるだけ毎日何回も目を通しましょう。例文は声に出すなどして、テンポよく読んでいくのがいいと思います。英語は言語なので、皆さんがdogは犬とわかるぐらい、苦手なことが無意識に答えられるようになるまで繰り返して読むのが大事だと思います。無理せず勉強してください^ - ^

先輩の勉強ノート大公開一覧へ戻る

PAGE TOP