河合塾の大学入試情報サイト

自分流英文法ノート

法政大学 社会学部 3年 S.H.特派員

ノートの使用用途
英文法を復習するためのノート

POINT1自信に繋がる

模試の見直しはすべきだとよく言われますが、この英文法ノートには問題集や模試で間違えた問題を収集していくので、英文法ノート作成イコール模試の復習をすることになり、一石二鳥です。また、「このノートさえ完璧にすれば私は英文法完璧なんだ」という自信にも繋がっていました。

ノートイメージ①
ノートイメージ②

※画像をクリックタップで拡大

POINT2勉強の効率アップ

間違えた問題だけを集めることによって自分の苦手な分野が自然とわかってきます。また、1度解けた問題をもう一度解く手間がなくなるため、違うことに時間を費やせるのも良い点だと思います。そして、何よりも書くことによって覚えるというのが一番のメリットです。間違えた問題の解説を読んで納得した気になるけど、しばらくしてからその問題を解きなおすと解けない、なんてことが起きるのを防ぐことができます。解説を読んだ後、問題をコピーして貼った下側に自分なりにわかりやすく解説を書き直すことによって、記憶に残りやすくなるからです。

POINT3どこでも復習できる

問題集や教科書などと違い、このノートは自分の間違えた問題しか収録していないことで軽くて薄いので持ち運びがしやすいです。だから電車の中や授業の休み時間などちょっとした空き時間に復習可能です。また、私の場合は模試や入試会場にお守り代わりに持っていって、精神安定剤にしてました(笑)。

ADVICE
時間がない中で複数科目の勉強をしなければならないため、どれだけ自分にとって効率の良いノートを作れるのかがやはり重要になってくると思います。どうしても受験期間は人の勉強方法に流されがちになりますが、人に惑わされず、自分がいいなと思ったノートを是非作ってください。それが合格へと繋がります。人は人、そして自分さえよければいいんだと思うことが大事です(笑)。

先輩の勉強ノート大公開一覧へ戻る

PAGE TOP