河合塾の大学入試情報サイト

何度も復習できるノート

法政大学 キャリアデザイン学部 3年 らら特派員

ノートの使用用途
予備校の英語の授業の復習用ノート

POINT1見やすく、復習しやすいノート

A4のノートを使い左ページに本文のコピーを貼り、本文のコピーに直接省略単語などの情報を書き込みました。右ページには授業中に学んだパラグラフの構造説明や代名詞が何を指しているか、その他の重要なこと、先生が授業中に言ったことを書きました。パッと見た時にわかりやすく見やすいので復習する気になりました。
また苦手なこと、問題を解くうえで重要なことがある場合、「ページをめくる際に何度も目に入れて覚えよう」という思いから、一番上にピンク色のペンで大きく書きました。

ノートイメージ①
ノートイメージ②

※画像をクリックタップで拡大

POINT2わからない単語・イディオムは全て書き出す

長文を一通り読んでわからない単語が出てきたら辞書で意味を調べ、左ページの空いたスペース(足りない場合は右ページの左側)にまとめました。その際、赤い暗記シートで隠して単語テストをできるようにするために、青いペンで線を引きました。センター試験や大学の個別入試で発音記号が出題されるので、日ごろから発音記号に慣れようと、単語の横には必ず発音記号を書きました。

POINT3色は使いすぎず、自分の好きな色を沢山使う

基本シャープペンシルとピンク色のペンで書きました。勉強はやる気にならないと始まらないので、自分の好きなピンク色ペンを使うことによって自分のやる気を引き出しました。色は使いすぎるとごちゃごちゃになるので必要最低限しか使いませんでした。その際に蛍光色のペンを使うと目がチカチカしてノートを閉じたくなってしまうと思ったので、ZEBRAの”MILDLINER”というパステルカラーのペンを使い目に優しくなるようにしました。

ADVICE
授業中は沢山メモをとってください。私は「きれいに書いている間に先生が言った重要なことを聞き流してしまう」と思ったので、自分なりの略語などを使って沢山の情報をノートに書き、家できれいで復習しやすいノートを作りました。私のおすすめは友達と一緒に復習をすることです。学校などで集まり何も書かれていない本文を見ながら「ここは○○の省略だよね」「この文の意味は…だよね」などやると本文の理解が深まります。
そして電車などの空き時間を使って長文のCDを聞き耳を英語に慣れさせます。このように復習すれば単語力も増え、長文読解力も増え、英語のリスニングの練習にもなりいいことばかりです。

先輩の勉強ノート大公開一覧へ戻る

PAGE TOP