河合塾の大学入試情報サイト

自分流のまとめ方で点数up!

立命館大学 政策科学部 1年 ユウカ特派員

ノートの使用用途
河合塾の授業を受けて、重要だと言われたことをまとめたノート。

POINT1問題演習を通してどんどん追加で書き込んでいく

河合塾の授業を受けて、講師の方が重要だとおっしゃったことを自分流にまとめたノートです。初めは、余白を多くとって見やすいようにまとめ、参考書や過去問でそのまとめたことがでてきたら、例文として余白に追加で書き込んだり、他の紙に書いたものを貼り付けていきました。手書きだと時間がかかりますが、しっかりと定着させることができます。このまとめノートですきま時間などに何度も復習しました。模試や実際の試験の前にも見返し、最終確認として役立ちました。いつも見ていたノートだったのでたくさん勉強してきたという自信にもつながり、緊張感をほぐすこともできました。

POINT2ペンの色数は自分が見やすいように

よく、ノートに使うペンの色は2、3色ほどがいいと言われていますが、私はそこまで気にしませんでした。私はノートはカラフルなほうがテンションも上がって勉強のモチベーションになると思っていたので、2色に限定などといったことはしませんでした。ただ、自分が見やすい、記憶しやすいことが一番です。ノートがカラフルなのはごちゃごちゃしているように感じる方は色を限定するなど、自分自身にあった色使いをするといいと思います。

ノートイメージ①

※画像をクリックタップで拡大

ADVICE
ノートを後で見返すのは自分自身なので、自分が見やすいノートにすることが重要だと思います。字の大きさやペンの太さなどもいろいろ試して、自分に合ったノートにすれば、記憶にも残りやすいはずです。また、様々な先輩方のノートの作成方法を参考にしつつ、全てをまねするのではなく少しずつ自分流に変えて応用していけば、自分専用のノートができます。それを何度も復習して受験会場まで持って行けば、心強い味方になりますよ!

先輩の勉強ノート大公開一覧へ戻る

PAGE TOP