河合塾の大学入試情報サイト

私大過去問演習ノート&確認ノート

立命館大学 国際関係学部 3年 ワンピース特派員

ノートの使用用途
私立大学過去問演習ノート

POINT1演習

まず、過去問を解く。後で書き込むことを考えて、余白を多く開けておく。解くときに必ず、わからなかった問題→×、知っているが思い出せない問題→△をつけておく。あとは、どのような順番で解いたのかまでメモをしておく。解き終わった時間をメモしておくのもよし、自分で工夫できるポイントである。

ノートイメージ①

※画像をクリックタップで拡大

POINT2解説を書き込む!

漢字を間違えたところは必ず余白に正しい漢字を書きなおす。そして、上から黄色のマーカーを引いて目立つようにする。
△などを付けた問題を優先的に解説を書き込んでいく。解説は、文章で書くのではなく、箇条書きで細かくまとめる。その時、→、:などを使いできるだけ短く!
また、間違えた問題形式を書いておくと便利!例えば、間違えているものを一つ選ぶ問題だったのに、正しいものを選んでしまった場合、問題文をよく読む!とか問題文を読み間違えた!と書いておくと、自分のミスのパターンを見直すことができる。
あとオススメなのは、自分の苦手な分野について、解説とは別に気付いた点を書き込んでおくことだ。でも、書きすぎると、大事なところかわからないと思うので、書きすぎないように気を付けよう。

ノートイメージ②

※画像をクリックタップで拡大

POINT3振り返る!

オススメはこのノートをルーズリーフ一枚におさめること。そして、バインダーにどんどん挟んでいく。ルーズリーフにすると、入試に持っていきやすいし、過去問の年度順に並べることができる。私は、年度をごちゃごちゃに解いていたので、ルーズリーフに解いて、整理整頓できたことはよかったと思う。振り返るときは、年度順に見ていくといい、なぜかというと同じ問題が出ていたりするからだ。何年かに一回、同じ漢字を書かされたりする。年号も同様であるから、必ず見直そう!

ADVICE
このノートの書き方を見てくださってありがとうございます。このノートの書き方は自分が使いやすいように考えて、作っていたらできたという感じです。だから、どんどん自分で工夫して、自分が一番使いやすいノートを作ってください。受験勉強は辛いと思いますが、必ず勉強してよかったと思う時が来ます。諦めずに最後まで頑張ってください。

先輩の勉強ノート大公開一覧へ戻る

PAGE TOP