河合塾の大学入試情報サイト

テーマ史で差をつけろ!自分だけのスキマ時間有効活用ノート

立教大学 経済学部 2年 Y.Y.特派員

ノートの使用用途
苦手なテーマのまとめノート

POINT1始める時期と演習

このまとめノートは、ある程度日本史の通史を理解して、赤本を解き始めるとともに作り始めることをおすすめします。ある程度日本史ができるようになった上で演習を重ねることで、いつも間違えてしまう分野や、この分野が出てきたらなんとなく自信がなくなって嫌な感じがする、などの分野がいくつか出てくると思います。まずは苦手分野を意識するところから始めましょう!

POINT2苦手分野の情報を集める!

赤本を解いていくうちに自分の苦手分野を見つけられたら、教科書と用語集と資料集などのその分野が書いてある部分を読み込んでいきます。複数の参考書を照らし合わせることで表面的な知識ではなく、たとえば早稲田大学などの正誤問題に求められる多面的な知識を身に付けることができます。時間は少しかかりますが、苦手分野を克服したことによる今後の得点を考えれば、得意な分野をより深く学習するより効率的だと思います。

POINT3ひとつのノートにまとめる

自分は具体的に時系列順にまとめることが多かったです。見やすさを重視して、なるべくひとつの分野をノートの片面に収めるようにしていました。また、片面にまとめることで、入試でテーマ史が出たときは自分のノートを上から順にイメージしていきやすく、回答につながりやすくなります。スキマ時間に何度も見直しやすくするためにひとつのノートにまとめることもポイントです。

ノートイメージ①

※画像をクリックタップで拡大

ADVICE
この自分で作ったノートは常に持ち運び、授業の合間やちょっとしたスキマ時間にずっと眺めていました。苦手分野を勉強するにつれて嫌になることもあると思いますが、自分がまとめた分野が入試や演習問題で出た時のうれしさは、その苦痛よりもはるかに大きいはずですので頑張ってください!このノートのまとめ方が正しいとは限りませんが、人間は知らず知らずのうちに苦手分野から目を背けがちです。だからこそ、苦手分野を克服することは大変でありながらも合格に最も近づく大切なことだと思います。自分なりのやり方を見つけて、苦手分野をひとつずつつぶしていってください。このノートの作り方が何らかの手がかりになれば幸いです。

先輩の勉強ノート大公開一覧へ戻る

PAGE TOP