河合塾の大学入試情報サイト

見やすさ、分かりやすさを意識した数学ノート

名古屋大学 農学部 4年 たむたむ特派員

ノートの使用用途
河合塾の数学の授業用

POINT1板書は黒ボールペン、メモはシャーペンで

私は、板書事項を黒ボールペンで書き、先生の話すちょっとしたポイントをシャープペンシルで書いていました。特に数学では、先生の話の中に解法のヒントや目の付け所が多く、漏らすことなく書いておきたい私にとっては、ノートが一色で埋めつくされてしまうからです。後で復習するときに、どこが板書事項なのか一目で分かるようにすることを心がけました。数学は先生の話す内容がとても大事になってくるので、ちょっとしたことでもメモをとるとよいと思います。好みにもよると思いますが、見やすさを重視するなら自信をもっておすすめします。

ノートイメージ①

※画像をクリックタップで拡大

POINT2色は赤・青ペン、蛍光マーカーのみで

ノートを見直しするときに色が多いと、どこが重要か分かりづらくなってしまいます。私は、一番大事なポイントを青ペンで、次に大事なポイントを赤ペンで書き込むようにし、なるべく多くの色を使わないように工夫していました。蛍光マーカーも一色だけにとどめ、どうしても必要だと感じたときだけ色を増やすようにしていました。そのおかげで重要箇所が一目で分かり、見直ししやすくなります。

ノートイメージ②

※画像をクリックタップで拡大

POINT3余白を多めに

余白を多くとることで、復習時にも書き込みやすく、後からでも付け足しが容易になります。また、見やすくなるため復習もはかどります。最重要事項を大きめの付箋に書いて貼り付けたりしていました。

ADVICE
数学の先生の考え方や解法のヒント、どこに目をつければいいのか、これらすべては授業の中で得ることができます。 しかし、板書事項をノートに書いているだけでは、数学を自力で解けるようにはならないと思います。復習でどれだけ自分の知識にするか、ということが一番重要だと私は考えています。数学が苦手な私にとって、特に数学は妥協したくない教科でした。復習で数学の解き方を自分のものにするため、授業は集中して先生の話す一語一句に耳を傾け、重要だと思うポイントをメモしていました。受験生の皆さんも、それぞれに合ったノートの書き方を見つけ、勉学に励んでほしいと思います。

先輩の勉強ノート大公開一覧へ戻る

PAGE TOP