河合塾の大学入試情報サイト

見直しもできるし解きなおすこともできる模試直しノート

大阪大学 医学部 保健学科 4年 ゆず特派員

ノートの使用用途
記述模試で間違った問題の直しノート

POINT1問題を解くために必要となる考え方を書く!

ただ間違った問題の解答を写すだけでは意味がないと思うので、その解答にたどり着くまでに必要となる考え方をまとめて書くようにしていました。考え方は、問題のコピーを貼ったところの下に、解答を書き始める前に、まとめて書いていました。内容は、模試の解答の手引きを参考にして、自分の言葉でまとめていました。

ノートイメージ①
ノートイメージ②

※画像をクリックタップで拡大

POINT2忘れていた公式などはちゃんと横に書く

忘れていた公式はポイントとして書くようにしていました。公式を書く場所は、その公式を使う部分の解答の横に書いていました。その公式に関連した公式、例えば、sinの公式を忘れていたなら関連するcosやtanの公式も合わせて、最後にまとめるようにしました。

ノートイメージ③
ノートイメージ④

※画像をクリックタップで拡大

POINT3間違えやすいところはちゃんと書き記す

間違えやすいと思ったところもポイントとして書いておくようにしていました。そうすることで、もう一度解きなおしたときに、確認にもなりましたし、気を付けて解こうと思って解くことができました。間違えやすいところの横、もしくは下に注意マークを付けて、一目でわかるようにしていました。間違えやすい理由や自分のつまづくポイントをちゃんと字にすることで、忘れにくいし、模試や本番の試験のときに、そこは注意しながら落ち着いて解こうとか、いったん止まって見直しした方がいいなとか、自分の解き方のスタイルを固めていくことができます。

ADVICE
模試で間違った問題は、コピーして、上で紹介したようにノートを別に作っていました。こうすることで、模試本体は残せるので、また別の機会に時間を計って解きなおすこともできるし、模試直しノートを使って1題だけ解いたり、すきま時間にノートを眺めたりなどいろんな使い分けができます。模試直しノートは、自分で書き方や色などマイルールを決めて作ることで、より効果が得られると思います。問題を解き直すタイミングは、模試や本番の試験の前、夏休みや冬休みなどの長期休み、三連休と決めていました。解きなおすときは、単に答えが合うだけでなく、考え方を解答に記述できているか、前回つまづいた部分を意識して解くことができているかに重きをおいていました。

先輩の勉強ノート大公開一覧へ戻る

PAGE TOP