河合塾の大学入試情報サイト

効率を意識したノートのレイアウト

九州大学 理学部 物理学科 3年 時雨特派員

ノートの使用用途
河合塾での授業の予習・板書用のノート

POINT1ページを分割して記憶効率を高める

何の工夫もなくノートに文字を書き込むだけでは、情報が横長になってしまいがちです。そのようなノートは端から端まで目を動かさなければならず、見直すのも一苦労です。しかし、真ん中に一本の線を引くだけで復習に役立つノートが出来上がります。ページを分割することでそれぞれの情報にまとまりが生まれ、記憶効率を高めることができるのです。私は毎回の授業が始まるときに分割線を引いて「よし、今日も頑張ろう」と自分を鼓舞する機会にしていました。自然と見やすいレイアウトになるため、ノート作りが苦手な人にもおすすめです。

ノートイメージ①

※画像をクリックタップで拡大

POINT2問題と板書がパッと見て対応付けられるように工夫

何かを見直すとき、見たい板書がどこにあるか分からないようなノートは一切役に立ちません。欲しいときに欲しい情報が見返せてこそ、上手いノートだと言えるでしょう。ポイント1で紹介したような「ページ分割ノート」は見開きで4つの部分に分けられます。これを活かし、各部に一問の解説を割り当てます。このようなルールを作ることで内容が自然と整理され、どこに何が書いてあるのかを探しやすいノートが実現します。さらに、予習と板書を一つのノートにまとめることで自分の解答の不足点までを一緒に見直せるようになるため、普段は億劫になってしまうような復習もパッと済ませることができます。

ノートイメージ②
ノートイメージ③

※画像をクリックタップで拡大

ADVICE
「あなたは何のためにノートをとっているの?」と訊かれて、どれだけの人がスラスラと答えられるでしょうか。何らかの目的意識を持って情報を記録することが大切です。例えば私は、自分が分からなかった部分や新しく知った部分だけをノートに書き取り、それ以外は先生の話を集中して聴くようにしていました。ノートばかりに集中していては、理解すべき箇所が抜け落ちてしまうからです。
また、書き捨てのようなノートも勿体ないものです。折角なら復習にも活かせるようなノート作りを目指すのがいいでしょう。
ノートの取り方は人それぞれですが、ちょっとした工夫が大きな結果の差を生むこともあります。「ちょっと試してみようかな」くらいの軽い意気込みでも構いません。皆さんの実践が結果に繋がることを祈っています。

先輩の勉強ノート大公開一覧へ戻る

PAGE TOP