河合塾の大学入試情報サイト

どんなときでも肌身離さず持ち歩いた思い出のつまったノート

滋賀医科大学 医学部 医学科 2年 A.I.特派員

ノートの使用用途
基礎シリーズテキストの復習のためのノート

POINT1いつでもどこでも復習できるように

完成シリーズが始まってからはなかなか基礎シリーズのテキストを復習する時間がないため、電車や休み時間といった隙間時間に復習できるよう、リングノートを用意して左側には問題を、右側には解説を書きました。リングノートにすることで、片面だけが見えるようにできたので、意図せず答えを見ることがなくなりました。テキストとノートを準備して…といった手間もなくなったので、いつでもどこでも手軽に復習することが可能になりました。

ノートイメージ①

※画像をクリックタップで拡大

POINT2困ったときのためのヒントも

復習する際に最初の一歩が出そうにない時のために、問題のページの下の方にヒントを書きました。このヒントを見るだけでも回答の糸口のつかみ方を確認することができ、役に立ちました。ヒントは短く簡潔に、でも問題の的を射たものとなるように、と考える過程で問題に対する理解もさらに深まったように思います。

POINT3解説はすべて手書きで覚え込む

このノートにまとめた問題は、三回やり直してもまだ手が出なかったような相性の悪い問題でした。そのため、そのまま覚えるつもりで解説を手書きしました。さらに、間違いやすいポイント、忘れやすい場合分けなどには赤線を引き、目立つようにしました。自分の文字でびっしりと埋まったノートは、入試当日、ここまでやったから大丈夫と自分に言い聞かせるためのお守りになりました。

ADVICE
まとめノートは時間の無駄だと言われることもありますが、私はそうは思いません。自分にとって忘れやすいことを書き出すことで覚えることができ、そのうえ自分専用の参考書となり、効率よく勉強することにつながると考えているからです。そうやって苦労して作り上げたまとめノートは、大切なお守りとなって精神的にも支えてくれるでしょう。私のノートの作り方が、皆さんの志望校合格のお役に立てば幸いです。

先輩の勉強ノート大公開一覧へ戻る

PAGE TOP