河合塾の大学入試情報サイト

貼るだけでできる、オーダーメイドのまとめノート

名古屋大学 文学部 2年 万事快調特派員

ノートの使用用途
センター試験、二次試験対策用の世界史まとめノート

POINT1重要な地名がたくさんある場所の地図はコピーを取ってノートに貼る

例えば模試の解答解説集には、参考として地図がふんだんに使われています。この地図は解答には関係がなくても、ほかの分野で重要となる地名などが載っていることがほとんどです。なので模試や問題集で間違えた部分の解答解説集の参考地図を世界史のまとめノートに貼っておくと、間違えた部分も周辺の混同しやすい地名も場所とともに覚えられてとても便利だと思います。これは私の学校の世界史担当であった先生から教えてもらった方法です。特に河合塾の模試の解答解説集は地図が大きく印刷されているので、縮小印刷してもノートが見やすくなるので良いと思います。

ノートイメージ①

※画像をクリックタップで拡大

POINT2二次対策では論述の問題と解答をノートに貼る

これは反則技だと思われるかもしれませんが、私自身一番効果があった方法です。論述問題の過去問を解いていると、「このテーマは頻出だ」というものがいくつか出てくるはずです。はじめはそのようにテーマを絞ってから志望大学で出そうな論述問題を問題集などから探し、一度解いてから、確認と暗記を兼ねて世界史のまとめノートに貼って何度も見直しましょう。自分が論述問題に慣れてきたと感じるようになったら、次は解いていて「この知識を論述問題に用いる発想が足りなかった」、「このテーマがもし志望大学に出題されたら手も足も出ないだろう」と思った問題をノートに貼って見直すと、応用力や発想力も徐々に鍛えられるはずです。

ノートイメージ②

※画像をクリックタップで拡大

POINT3正方形型の大きい付箋にメモしてからまとめてノートに貼る

私がまとめノートを作るときは、「まとめノートを作ろう」と思って書くよりも、大きめの付箋にまとめたいことを大きさに合わせて簡潔に記して、世界史の勉強を終えるときや付箋が机の隅にたまってきたときに適宜ノートに貼っていました。付箋に書いて貼ることのメリットとしては、几帳面な人にありがちな【ノートをきれいに作ることを考えながら書く】という行為を抑えることができる点と、付箋なので情報をノート内で移動させやすい点と、まとめノートを作る時にまとめて一挙に貼れる点が挙げられると思います。とくに付箋は正方形のものを選ぶと並べて貼るだけでノートの中が整理された印象になり、読みやすく見やすくなるのでおススメです。付箋の大きさは画像を参考にしてください。

ノートイメージ③

※画像をクリックタップで拡大

ADVICE
まとめノートを作ることは一定の時間がかかるので作らない方が多いですが、私にはまとめノートを作り勉強するという方法が向いていました。勉強の成果を出すコツは、作成に時間をかけすぎないことです。面倒がって重要事項が抜けている中身のないノートを作っても意味がないですが、模試の解答解説集に載っている重要事項のまとめのページを印刷して貼ったり、付箋に書いて、ある程度たまってきたらノートに教科ごとに貼ったりするなどの工夫をして作成時間短縮を目指してみてください。さらに、作ったことに満足せずに何度も見直してください。私は一日の予定の中にまとめノートを見直す時間を作り、意識的に見直す時間を週三、四回取りました。通学時間は単語学習に充てていましたが、息抜き的な意味でまとめノートの見直しの時間に変更して、知識を定着させていました。

先輩の勉強ノート大公開一覧へ戻る

PAGE TOP