河合塾の大学入試情報サイト

自分だけの武器を作る!

慶應義塾大学 環境情報学部 1年 とびっこラブい特派員

ノートの使用用途
予備校の世界史の授業用

POINT1用語の確認はその場で済ます!

世界史を勉強する上で、用語の確認は必須の作業です。通史の学習と共に用語集の活用を併用することをオススメしています。用語集を完璧に近い段階まで理解するためには、相当の時間が必要になります。そこで、授業中に先生が説明した用語はその場でノートにまとめることを推奨します。当たり前に実践できている人もいると思いますが、そうすることによって、後にノートを確認した際にもう一度用語を調べ直す手間がなくなり、深く理解ができるため是非実践してもらいたいです。

ノートイメージ①

※画像をクリックタップで拡大

POINT2常に志望大学の形式を意識する!

世界史に限った話ではありませんが、予備校の先生方は各大学の出題傾向を授業中に説明してくださいます。その学部を受ける・受けないは別として、自分の志望大学である際には必ずメモを取っておくことをお勧めします。特に早稲田大学商学部、法学部、慶應義塾大学経済学部では世界史に特徴的な記述問題が出題されるため、受ける可能性が少しでもある人はいち早くその形式を知っておくのがいいと思います。私の場合は、記述の書き方を例に沿って簡潔にまとめた上で、解答する際の注意点をその下に箇条書きで残していました。

ノートイメージ②

※画像をクリックタップで拡大

POINT3文章だけで理解するには無理がある!

世界史を勉強する際に、闇雲に学んでいくことは効率が悪いです。適度に図や矢印を使って当時の状況の整理を行いましょう。特に近代史では各国の情勢が目まぐるしく変化します。私は、自分が理解しづらいと思った際には一度簡単な図に起こして整理していました。このように図式にして可視化することで理解がより深まると思います。

ノートイメージ③

※画像をクリックタップで拡大

ADVICE
受験をする上で、自らが作り上げてきたノートは受験戦争を勝ち抜くための最大の武器となります。他の受験生と共に授業を受けている中で、誰よりも情報量の多いノートにしてください。その授業を活かすも殺すも自分次第。それならば、試験前夜、試験当日に最後の確認ができる自分だけの参考書を作ってもらいたいです。ですが、ノートを取ることに集中しすぎるあまり、先生の話を中途半端に聞いていては本末転倒です。板書を取る時間、先生の話に集中する時間などメリハリをつけて授業に挑んで欲しいです。

先輩の勉強ノート大公開一覧へ戻る

PAGE TOP