河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

みり特派員の
キャンパスライフ

都留文科大学
文学部 4年

みり特派員

通学形態:
下宿と実家を行ったり来たり
趣味:
文通、ネットサーフィン

研究内容、面白い講義・ゼミ、実験・実習

英語で行うゼミ

今期、唯一履修している授業(比較文化第三演習Ⅴ)について紹介します。
 「英語で行うゼミ」とタイトルに書いてあるように、発表・討論・レジュメ作りを英語で行っています。卒業論文は日本語で書くことも許されているため、私は日本語で卒論を書いているのですが、ゼミの発表は英語でやらなければならないので頭が混乱しそうです。
 4年生になり、留学帰りの学生が2人加わり、ゼミ生は計7人となりました。他大学は知りませんが、文大の場合は3年ゼミと4年ゼミでかなり雰囲気が変わるので新鮮です。
 先生が沼津を舞台とする某アニメの熱烈なファンで、その分野の話をしてくれるのがとても面白いです。

利用頻度の高い1号館利用頻度の高い1号館

ページトップへ

サークル、アルバイト、大学施設

5号館

2017年度の後期から講義で使用されている、学内で一番新しい建物です。教室全体がホワイトボードと窓ガラスに覆われていて、不思議な気分になります。飲食禁止、畳の部屋への立ち入り禁止、傘の持ち込み禁止、など色々と制約が多いところが残念です。
 3号館の3階には語学教育センターがあり、様々なDVDや語学検定の対策本を借りることが可能です。都留市内にはレンタルビデオ店が無いため、非常に重宝しております。
 5号館の横には図書館があります。基本的に授業期間は夜9時まで開館しているため、サークルの後に寄ることも多いです。

5号館(奥の建物です)5号館(奥の建物です)

ページトップへ

ぼくのわたしの時間割

横にスライドしてご覧ください

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1限
2限
3限
4限 比較文化第三演習Ⅴ
5限
6限

2019年度前期の時間割

3年生の後期で入院をし、4年生になってもたくさん単位を取らなければならないかもとひやひやしていましたが、何とかゼミと卒論以外の単位を4年生になる前に取りきることができたので、今年度の授業はゼミのみです。
 まだ就活を終わらせていないので、基本的には実家に居候をし、授業がある日だけ都留に行くという生活を送っています。東海道線と中央線はよく遅延するので、ゼミに遅刻しないように、1本早い富士急行線で都留に着くように動いています。

ページトップへ

ぼくのわたしのおサイフ事情

ひとり暮らし
※現在は下宿と実家を行ったり来たり

収入 支出
仕送り、お小遣い 70,400円 家賃 11,000円
奨学金 0円 水光熱費 1,000円
アルバイト 0円 食費・外食費 6,800円
その他 0円 通信費(電話・インターネット代) 0円
    交通費 27,900円
    勉学費 0円
    交際費(サークル活動費等)・趣味 6,400円
    衣料・ファッション 0円
    貯蓄 0円
    雑費・その他 17,300円
       
収入総額 70,400円 支出合計 70,400円

※1か月の平均収支

都留の下宿も借りておきながら、隣県にある実家から片道4時間かけて通っている状態なので、とても支出が多いです。交通費は青春18きっぷ、回数券、学割切符を使うことでなるべく安く抑えるように工夫しています。
 雑費・その他(実質は雑貨)に費やしすぎていることに気づいたので、これからは無駄遣いをやめようと思いました。

ページトップへ

将来の夢

本を出版すること

大学生になり自由な時間が増えたため、ペンフレンドを増やしました。そのうちの一人はこれまでに10冊ほど自費出版で本を出しています。彼から本をもらった際、書店・図書館に並んでいるような書籍とは全く異なっていることに感動し、お金さえ出せば私でも出版できるのではないだろうかと考えました。また、以前旅行中に電車で向かいに座っていたおばあさんに旅行記出したら?と言われたこともありました。そこで、現在は本に書くためのネタになるような経験を増やすことと、写真や絵画の技術の向上を目指しています。

ページトップへ

メッセージ

大学卒業後のことも考えた進路選択が大切

私は大学入学後、高校時代に憧れていた職業を断念したこともあり、自分の将来のためには違う大学へ進学するべきだったのではないかと感じています。他大学への編入も考えましたが、成績発表の関係で断念することになり、現在の大学でがんばっていくことにしました。将来の夢が定まっていないという方は、他大に編入しやすい大学を選ぶと選択の幅が広がります。
 私自身が受験生だった頃は手厚い就活サポートを謳っている大学に余りいい印象を持っていませんでしたが、いざ進学志望から就職志望に切り替えたら、手厚い就活サポートの必要性をヒシヒシと感じるようになりました。大学卒業後に就職する可能性がある方は、就活支援に着目して受験校を選ぶと良いですよ。

ページトップへ

キャンパスライフ一覧に戻る

先輩の声メニュー
先輩の声トップ
特派員の声
キャンパスライフ
先輩のノート大公開
受験体験記