河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

たると特派員の
キャンパスライフ

龍谷大学
農学部 4年

たると特派員

通学形態:
ひとり暮らし
趣味:
読書、映画鑑賞

研究内容、面白い講義・ゼミ、実験・実習

栄養学科ならではの実習・実験

私の所属する食品栄養学科では、一回生の後期から実習が始まります。最初の方は中和滴定のような基本的なことを行いますが、学年が上がるにつれて、ラットに異なった餌を一週間与えてから解剖を行い、臓器にどのような変化が起こっているか調べるといった生物系や、実際の自分たちの食事を記録し、そこから問題点を発掘し改善していく調査的な実習も始まってきます。また、臨床に関する実習や大量調理の実習もあります。臨床では、患者さんにあった適切な栄養価の献立を自分たちで考え実際に作ってみたり、大量調理では、約300人程度の給食について、献立を考えるところから実際に提供するまでを行ったりします。最近新設された学科ならではの最新の調理機材で実習を行うことができることも魅力の一つだと思います。

象徴の一号館象徴の一号館

ページトップへ

サークル、アルバイト、大学施設

図書館

図書館には本館と新館があり、本館は地上2階地下1階で、新館は地上2階地下2階でできています。私のおすすめスポットは、新館地下1階のナレッジコモンズと新館地下2階の自習室です。ナレッジコモンズは、図書館の中で唯一友達と相談しながら勉強したり、説明し合ったりできる場所です。テスト前にはみんなが集まって勉強できる人気スポットです。地下2階の自習室は、一つ一つ個別になっている自習室です。私は、本気で集中して勉強したいときにいつも利用しています。自分の世界に入り込めるので周りに人がいると集中できない人には本当におすすめです。

図書館のナレッジコモンズ図書館のナレッジコモンズ

ページトップへ

ぼくのわたしの時間割

横にスライドしてご覧ください

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1限 基礎演習1 給食経営管理学2 調理実習 公衆衛生学
2限 臨床栄養管理学 食品衛生学 臨床栄養学 臨床病態学
3限 食品衛生学実験 栄養教育論
4限 生化学実験 基礎栄養学実習 英語4
5限 食品学実験 栄養生理学実験 ライフステージ栄養学
6限

2017年度後期の時間割

食品栄養学科はほとんど時間割が決まっています。この時間割は、今までの時間割で一番大変だった二回生後期のものです。実験は1限分だけではなく3~5限の3限分授業を行うため、実際にはこの時間割よりもはるかに大変でした。しかし、その分毎日が本当に充実していました。調理実習は隔週での授業なので、2週間に1回全休ができます。全休の日はバイトをしたり、遊んだりしていました。このようなスケジュールをこなす中で、時間を有効に使えるようになりました。

ページトップへ

ぼくのわたしのおサイフ事情

ひとり暮らし

収入 支出
仕送り、お小遣い 78,000円 家賃 47,000円
奨学金 0円 水光熱費 10,000円
アルバイト 60,000円 食費・外食費 20,000円
その他 0円 通信費(電話・インターネット代) 12,000円
    交通費 0円
    勉学費 6,000円
    交際費(サークル活動費等)・趣味 25,000円
    衣料・ファッション 10,000円
    貯蓄 8,000円
    雑費・その他 0円
       
収入総額 138,000円 支出合計 138,000円

※1か月の平均収支

お金に関しては一番節約しやすい電気代に気を使っています。エアコンを使わない春と秋の時期には2000円以内に収められるように節約したり、使っていないコンセントは基本抜いたりしています。また外食がどうしても多くなってしまうので、忙しくなりすぎないようにバイトも調節しています。そうして、お昼にできるだけお弁当を持って行ったり、夜自炊を行うようにしています。

ページトップへ

将来の夢

管理栄養士

管理栄養士になりたいと思ったのは、祖母がガンで亡くなった際に食べ物を食べられなくなった瞬間に衰弱してしまい、その時やはり食べるものが人を作っているんだなと思ったことがきっかけです。その夢に向かって頑張っていることは、やはり大学での課題や授業をしっかり聞くことと、国家資格試験に向けて勉強することです。授業は鬼のように早く進んでいくので、忘れていってしまわないよう自分でしっかり勉強していくようにしています。しかし、今しかできない旅行や読書、映画鑑賞もいっぱいするようにしています。

ページトップへ

メッセージ

最終目標を見失わないで

元々私は国公立を志望していたのですが、センター試験で失敗してしまい国公立は諦めました。私は管理栄養士になりたかったので、国公立に固執せずに今の大学に志望校を変えることにしたのです。みなさんも大学にこだわるより、なりたいものの最終目標を見失わないようにしてほしいと思います。私は国公立じゃないからといって今の大学に来たことを後悔していないし、むしろこの大学に来てとても充実した毎日を送れています。

ページトップへ

キャンパスライフ一覧に戻る

先輩の声メニュー
先輩の声トップ
特派員の声
キャンパスライフ
先輩のノート大公開
受験体験記