河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

M.K.特派員の
キャンパスライフ

東北大学
医学部 医学科 3年

M.K.特派員

通学形態:
ひとり暮らし
熱中していること:
部活(ヨット)

研究内容、面白い講義・ゼミ、実験・実習

解剖実習

医学部の授業で一番特徴的な授業は解剖実習です。4人1班で一つの御献体を解剖します。何といっても実際に解剖ができるのはこの実習だけでありとても貴重な経験でした。また教科書だけでは理解しにくい構造も実習を通してよく理解することができました。低学年で行われる基礎医学の授業の中では一番臨床に近く、医師になるんだという自覚も実習で得られました。また何気に半日ずっと立ちっぱなしのことも多く、体力的にきつかったですが、今ではいい思い出です。

1年生が授業を受ける6号館1年生が授業を受ける6号館

ページトップへ

サークル、アルバイト、大学施設

医学部ヨット部

私は医学部ヨット部に所属しています。医学部は他学部とテスト期間が違うなどの理由から医学部単独の部活が存在し、それに所属する人が多いです。なかには全学の部活に所属している人もいます。医学部ヨット部は閖上ヨットハーバーを拠点として活動しています。このハーバーは東日本大震災で壊滅しましたが昨年の6月ごろから運用を開始し、それに合わせて私たちも拠点を移動しました。ヨット部は毎週土日に練習を行っており、東日本の医学部が集まる東医体で優勝することを目標にしています。

医学部ヨット部医学部ヨット部

ページトップへ

ぼくのわたしの時間割

横にスライドしてご覧ください

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1限 病理学Ⅱ 病理学Ⅱ 医学英語 公衆衛生 法医学
2限
3限 薬理学Ⅱ 薬理学Ⅱ 公衆衛生 病理学Ⅱ 衛生学
4限
5限
6限

2019年度前期の時間割

3年生以降は時間割を自分で組むことはありません。すべてが医学部の授業になります。医学部の授業は午前、午後の2部制になっており、午前、午後の授業の休み時間の取り方などは先生によって違います。基本的に空きコマはなく、放課後の時間をうまく使って勉強しています。コマ数自体は多いものの、重たいテストを課す教科は病理学と薬理学くらいなのでそれほどつらくないです。

ページトップへ

ぼくのわたしのおサイフ事情

ひとり暮らし

収入 支出
仕送り、お小遣い 100,000円 家賃 54,000円
奨学金 0円 水光熱費 5,000円
アルバイト 50,000円 食費・外食費 20,000円
その他 0円 通信費(電話・インターネット代) 0円
    交通費 0円
    勉学費 0円
    交際費(サークル活動費等)・趣味 30,000円
    衣料・ファッション 15,000円
    貯蓄 16,000円
    雑費・その他 10,000円
       
収入総額 150,000円 支出合計 150,000円

※1か月の平均収支

部活が部活なので、それに毎月お金がとられます。家賃を除く最大出費は間違いなく部活です。そこで、交通費を浮かせるために片道30分以内なら大体自転車で移動するようにしています。あとは家計簿アプリで支出管理をしています。それくらいであまり節約はしていません。

ページトップへ

将来の夢

医師

医学部は他学部に比べて休みも少ないし勉強量も多いです。毎日コツコツと勉強しないとテストに受からないです。わたしは普段勉強をあまりしなかったために、テスト前日に徹夜する羽目になりました。
 最初は基礎医学といい生物の延長みたいな授業で医療に通じてる実感が得られにくかったのですが、2年生の前期から臨床に近い科目も行うようになり、医師になるんだという実感が持てるようになりました。

ページトップへ

メッセージ

勉強だけじゃない

医学部に入って驚いたのは、同級生の多才さです。勉強ができるのはもちろんのこと、スポーツや音楽に秀でている人もたくさんいます。意外と高校で帰宅部だった人は少なく、何らかの部活に所属していた人が多いです。そこで高校生に伝えたいのは、勉強のために部活や習い事をやめないでほしいということです。大学に入ったらやろうと思ってもテスト勉強に追われてほとんどできないです。また医学部は閉鎖的な環境なので、高校の部活の友達など外のコミュニティを持っておくと大学に入ってからの世界も広がります。

ページトップへ

キャンパスライフ一覧に戻る

先輩の声メニュー
先輩の声トップ
特派員の声
キャンパスライフ
先輩のノート大公開
受験体験記