河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

2019年度 センター試験受験ガイド

センター試験 受験Q&A
試験直前に受験票を紛失したり、当日受験票を忘れたりしたら受験できない?

試験直前に受験票・写真票を紛失してしまった場合、早めに試験場に行き「仮受験票」「仮写真票」の申請をすれば受験できます。学生証又は身分証明書と写真(縦4cm×横3cm)3枚を持参するようにしましょう。
当日、自宅や宿泊先に受験票を忘れた場合も同様です。取りに戻ると遅刻してしまうかもしれません。とりあえず試験場に向かいましょう。

試験に遅刻しそうな(遅刻してしまった)場合はどうしたらよい?

試験開始時刻後20分以内(※)なら入室が認められます。あきらめずに試験場に向かいましょう。
なお、悪天候などにより公共交通機関に遅れが生じた場合、試験時間の繰り下げを行うことがあります。このような場合は、「問い合わせ大学」に電話して指示を仰ぎましょう。電話番号は受験票に記載されています。

※英語リスニングは試験開始時刻(17時10分)までに入室していないと受験できません。また、「理科②」「地歴・公民」を2科目受験する場合、第1解答科目開始後20分以内に入室しないと、後半の第2解答科目も受験できませんので注意してください。

体調を崩して受験できない場合はどうしたらよい?

病気や負傷、その他やむを得ない理由で試験を受験できなかった場合は、追試験の申請をしましょう。追試験は1月26日(土)・27日(日)に全国2会場で実施されます。
追試験の受験には、受験票に記載されている「問い合わせ大学」に電話で申請し、許可を受けることが必要です。追試験の申請方法などの詳細は、受験票と同封されてきた「受験上の注意」に記載されています。
なお、追試験の受験教科の単位は2日分または1日分の教科・科目です。たとえば、午前中は受験し、午後は体調不良で受験しなかった場合、午後の教科・科目のみ追試験を受験することは認められませんので注意しましょう。

「受験する」と登録した教科を、試験当日に取りやめることはできる?

試験時間単位で受験を取りやめることができます。数学については、試験時間を「数学①」と「数学②」に分けていますが、片方のみを受験してもかまいません。また、受験を取りやめた教科が0点として採点されることはありません。

解答科目欄にマークするのを忘れてしまったらどうなる?

解答科目が特定できないため、0点となります。複数の科目をマークした場合も同様です。

※ただし、外国語で別冊子問題の配布を希望していない場合は、英語として採点します。また、数学②で別冊子問題の配布を希望していない場合は、別冊子科目にマークがあっても、数学Ⅱ、数学Ⅱ・数学Bのいずれかにマークがある場合は、その科目にマークしたとして採点します。

「地歴・公民」で2科目受験すると登録し、1科目だけ受験することはできる?

できません。2科目分の解答時間を合わせて1つの試験時間としているので、試験当日に1科目のみを受験する(1科目だけ受験を取りやめる)ことはできません。必ず2科目分採点されます。同様に、「1科目受験」と登録した場合、試験当日に「2科目受験」に変更することもできません。

理科の科目選択方法を試験当日に変更することはできる?

できません。また、理科②を2科目受験するパターン(Dパターン)と登録した場合、2科目分の解答時間を合わせて1つの試験時間としているので、試験当日に1科目のみを受験する(1科目だけ受験を取りやめる)ことはできません。

「理科①」を1科目だけ解答することはできる?

できません。「理科①」は60分で必ず2科目を解答してください。なお、解答する科目の順序、解答時間の配分は自由です。

「理科②」「地歴・公民」を2科目受験する際の中間時間はトイレに行ってもよい?

トイレ等も含め退室はできません。1科目めと2科目めの解答時間の間の10分間は答案回収等に必要な時間で、休憩時間ではありません。同様に、私語、席を立つ、携帯電話・参考書等を取り出すこともできません。なお、この10分間は問題冊子を閉じておかなければいけませんし、万一解答していると不正行為となります。

2019年度入試情報に戻る

大学入試情報メニュー
大学入試情報トップ
センター試験特集
大学入試の基礎知識
2019年度入試情報
2020年度入試情報
2021年度入試以降の情報
過去の入試結果データ
入試・教育トピックス