河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

いざ学問選択!

農学(応用生命系)


※特派員のプロフィールはアンケート回答時点のものです。

何を学ぶの?

最新バイオ技術を食と環境に生かす

農学(応用生命系)は、生物がもつ機能を研究し産業への応用をめざす学問だ。
従来は、化学を応用した肥料や農薬の開発、微生物の力を借りた酒やチーズ・ヨーグルトといった食品加工技術の研究が中心だった。最近では、遺伝子組換え技術などのバイオテクノロジーが発達し、それを応用した物質の開発や生産、生産環境の制御など研究分野は広がっている。
また、食中毒を引き起こす菌の研究や、食品中の化学物質のリスク分析など、食品の安全性にも強い関心が寄せられており、食品衛生・管理学という分野もある。

ページトップへ

大学選び ココがポイント

応用生命系は、農学系学部の応用生命、応用生物、バイオサイエンス学科などで学べる。バイオテクノロジーの応用については、工学系の生物工学科や応用化学科でも扱っている。植物、動物、微生物、食品など扱う対象は大学によって異なるので、大学のホームページなどで調べてみよう。

ページトップへ

先輩たちの時間割

東京大学 農学部 応用生命科学課程 生命化学・工学専修 卒業 S.Y.特派員の時間割

横にスライドしてご覧ください

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1限 生物情報科学 食品工学
2限 生物制御化学 食品生化学 細胞微生物学 昆虫生理学 生物有機化学
3限 生物無機化学 応用生物化学実験 応用生物化学実験 応用生物化学実験 応用生物化学実験
4限
5限 応用生物化学実験
6限

※3年後期の時間割

おもしろい講義 「昆虫生理学」

農学、特に農薬、食品成分に着眼した学科カリキュラムに対し、こちらは生態に直接注目した学問となる。普段の分子生物学から外れた特異で興味深い昆虫生態の概略的な紹介となり、目新しかった。

ページトップへ

こんな研究しています

生物発光の進化に関する研究
(名古屋大学大学院 生命農学研究科 修了 あらやん特派員)

ホタルが光るためには、酵素ルシフェラーゼと基質ルシフェリンを反応させている。ルシフェリン、ルシフェラーゼをどのように獲得したか、その進化の過程を明らかにすべく、ルシフェラーゼ遺伝子の進化の研究であったり、近縁の非発光性甲虫におけるルシフェリンの微量定量を行い、進化に関する知見を得る。遺伝子、有機化学といった、幅広い分野にわたる技術を習得でき、豊富な研究費、研究設備による最先端の研究に携わることができる。

ページトップへ

大学検索システムでこの学問が学べる大学を探す
食と環境カテゴリーの学問

いざ学問選択!トップに戻る

志望校検索メニュー
志望校検索トップ
大学検索システム
入試難易予想ランキング表
模試判定システム
オープンキャンパス情報
学問ウォッチング
海外留学と大学選び
注目の大学