河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

いざ学問選択!

農学(環境系)

何を学ぶの?

農業を取り巻く環境を考える

農業を取り巻く環境の観点から研究を行うこの分野は、大きく次の3つに分けられる。
「農業工学」は、環境に配慮しながら農作物を効率よく生産するための技術を研究する。トラクターやビニールハウスなど農機や施設を研究する農業機械系と、農地や灌漑施設など水資源環境の整備を研究する農業土木系がある。
「森林科学」は、森林資源の保全・育成・利用、治山治水などについて学ぶ。最近では、地球温暖化、砂漠化、酸性雨の森林破壊など、地球規模の環境問題をテーマにした研究も盛んだ。
「農業経済学」は、日本や世界の食料生産・流通・消費システムなど、農業を社会科学の視点から研究する。日本の農業の問題点や、TPPなど農産物貿易をめぐる国際的な問題も扱っている。

ページトップへ

大学選び ココがポイント

農業工学・森林科学は生産環境、地域環境、緑地環境学科や農学科にあるコースで学べるが、設置している大学はそれほど多くなく、とくに私立大は数が少ない。実習・実験に関する設備や演習林などについても目を配っておくとよいだろう。
農業経済学は農業経済、食料環境経済といった学科で学べる。また、農学科などにコースとして設置する大学もあるので、大学案内などで調べてみよう。

ページトップへ

先輩たちの時間割

東京農工大学 農学部 地域生態システム学科 3年 カフェオレ特派員の時間割

横にスライドしてご覧ください

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1限 景観生態学 森林施業論 哲学 生態環境情報工学
2限 砂防工学 動物環境生理学 リモートセンシング技術 環境教育学
3限 健康アメニティ論
4限 インタープリテーション技術
5限
6限

※3年前期の時間割

ページトップへ

こんな研究しています

自然地域における保護と利用のバランスについて
(京都大学 農学部 食料・環境経済学科 卒業 みたろう特派員)

国立公園等の自然地域では観光利用と自然保護のバランスをいかに保つかが課題となっており、その接点を探るべくアンケート調査をもとに計量分析をかけることで適切な保護の方法について考察した。実際にフィールドでの調査を行うこと等、リアルな課題を扱うことが面白かった。

ページトップへ

コラム~食料安全保障とアグリテック~

日本の農業問題としてよく指摘されるのが、食料自給率の問題だ。わが国の食料自給率はカロリーベースで約40%と先進国の中では最低水準となっている。食料安全保障が叫ばれるなか、日本の農業は、頻発する異常気象、農業従事者の高齢化による人手不足といった深刻な問題を抱えている。こうした状況で今注目されているのが「アグリテック(農業(Agriculture)と技術(Technology)を組み合わせた造語)」と呼ばれる技術だ。人工知能(AI)やIoTを利用することで、ノウハウの共有と農業の効率化をめざしている。この技術を発展させるため、ICT企業と大学による共同研究も進められている。農家の負担となる水遣りや肥料の管理をICT化することで、初心者でも農業を営むことができるように研究が行われている。また、農機メーカーによる農業害虫の駆除や病害予防等を目的とした農業用ドローンの開発も進められている。
「アグリテック」は、世界規模で注目されている。イスラエルでは高性能カメラを用いて広大な敷地の作物を監視し、害虫や病気の兆候を知らせる「Prospera(プロスペラ)」というロボットシステムが開発された。アメリカのニューヨークではLEDの技術を利用し、ビルの中で水耕栽培を行うベンチャー企業が注目を集めている。
食料安全保障の問題が緊迫化してきている日本においても、これらの技術を速やかに発展させ、食料の安定供給を実現できるかどうか。農学研究への期待は大きい。

ページトップへ

大学検索システムでこの学問が学べる大学を探す
食と環境カテゴリーの学問

いざ学問選択!トップに戻る

志望校検索メニュー
志望校検索トップ
大学検索システム
入試難易予想ランキング表
模試判定システム
オープンキャンパス情報
学問ウォッチング
海外留学と大学選び
注目の大学