河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

いざ学問選択!

文学


※特派員のプロフィールはアンケート回答時点のものです。

何を学ぶの?

文学を通じて人間の本質を探る

詩や小説、演劇や映画の脚本、マンガなど、人々が創り上げてきた言葉の文化。文学では、こうした作品を読み、人間の本質を探っていく。作品をどう解釈するか、作者が伝えたかったメッセージは何か、その時代の社会背景や歴史、作品に使われている表現の意味や文法などを研究する。
日本文学系では、高校で学ぶ『源氏物語』などの古典文学から夏目漱石の小説など近現代文学まで、さまざまな時代の作品を学ぶ。和歌や俳句、歌詞やアニメ作品について研究することもあり、扱うジャンルは幅広い。
外国文学系では、英米文学、ドイツ文学、フランス文学や中国文学などが研究されている。いずれも作品をその国の言葉で理解するための語学力も身につけていく。

ページトップへ

大学選び ココがポイント

文学は研究対象が幅広く、作品へのアプローチ方法も多岐にわたるため、大学によって特色が異なる。とくに外国文学系では、英米文学を学べる大学は多いが、その他の地域の文学は学べる大学が限られる。大学案内などで教授の専門分野やカリキュラムが、自分の興味・関心のある分野と合っているかを確認しておこう。

ページトップへ

先輩たちの時間割

同志社大学 文学部 国文学科 2年 S.K.特派員の時間割

横にスライドしてご覧ください

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1限 中国語 人権教育論
2限 日本文学基礎演習 日本文学講読(近現代D) 日本文学講読(中世D)
3限 日本文学講読(広域B) コミュニカティブ・イングリッシュ スポーツ・健康の科学B アナリティカル・イングリッシュ
4限 日本文学講読(中古B) 日本語文法 漢文
5限 教職コンピュータ 日本文学講読(近世D) 中国語
6限

※1年後期の時間割

おもしろい講義 「日本語文法」

文法とは絶対でなく、現象を観察して、自分でつくりだすものだと指導してくれた。

ページトップへ

こんな研究しています

使役・受身の助動詞が付属するサ変動詞の形式の変化
(名古屋大学大学院 文学研究科 修了 ひよこ特派員)

現在「~させる」「~される」と表すが、高校の古典で習うのは、和文は「~せさす」「~せらる」、漢文は「~せしむ」である。このような形式が時代によってどのように変化しているか、またその要因は何か、明治期を中心に考察した。
高校の古典で出てくる文章と、現在私たちが使っている言葉は、文の組み立てとしては似ていて感覚的にはわかる気がするとは思っていたが、同じ日本語だと言いきれない部分を感じていた。資料自体が少なかったり、規範意識のために古い形を好んでいたりはするものの、点と点の間をつないで線にしていくこと、その間に起こった変化の理由を考えることは、答えがないからこそ面白いと思った。

ページトップへ

大学検索システムでこの学問が学べる大学を探す
文化カテゴリーの学問

いざ学問選択!トップに戻る

志望校検索メニュー
志望校検索トップ
大学検索システム
入試難易予想ランキング表
模試判定システム
オープンキャンパス情報
学問ウォッチング
海外留学と大学選び
注目の大学