河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

いざ学問選択!

史・地理学


※特派員のプロフィールはアンケート回答時点のものです。

何を学ぶの?

時間と空間を軸に人間の営みを探究

史・地理学は、特定の時代や地域における人間の営みを探究し、これからの人間社会のあり方やまちづくりを考える学問だ。
史学では、古文書や遺跡・文化財といった史料に基づき、過去の人間社会や人々の暮らしを明らかにする。「日本史」「東洋史」「西洋史」の3つの地域に分かれ、政治・経済・文化などの切り口から研究する。最近では、地域や国家間の関係性に注目し、包括的に歴史をとらえる試みもある。史料の分析が不可欠なため、対象の時代、国や地域における語学力も要求される。
一方地理学は、地形や産業が人間の営みに与える影響やそこから生まれる地域的特性を分析する学問で、大きく3つの分野に分けられる。「人文地理学」は歴史や文化、政治・経済の視点から地域の特色を研究し、「自然地理学」は地形や気候が人間の生活や産業に与える影響を研究し、「地誌学」は地域ごとの文化や産業などを総合的に研究する。科目には測量学や製図学、地理情報システムなど理系の要素が強いものも多く、フィールドワーク(実地調査)も行う。

ページトップへ

大学選び ココがポイント

史・地理学は、文学部などの文系学部で学べる。自然地理学は理系学部で開講されていることも多い。大学によって得意な研究分野が異なるので、大学案内等で確認しておこう。

ページトップへ

先輩たちの時間割

駒澤大学 文学部 歴史学科 3年 sawaLa特派員の時間割

横にスライドしてご覧ください

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1限 地誌学 生涯学習概論Ⅱ 博物館経営論
2限 考古学各説Ⅱ 科学方法論と現代論理 考古学特講Ⅱ
3限 英語Ⅱ 考古学史 考古学発掘実習Ⅰ ジェンダーと教育Ⅱ
4限 考古学特講Ⅳ 古文書研究Ⅰ 美術史概説 日本史史料講読Ⅰ
5限 外国史各説Ⅷ 考古学実習(実測) 英語Ⅱ
6限 社会教育計画 博物館教育論 博物館資料保存論

※2年後期の時間割

おもしろい講義 「ジェンダーと教育」

教授がとにかく現場を観察・参加することから始める主義であるため、全ての話に実在が伴い非常に貴重な話を聞くことができる。タイトルに教育と付いているが、実際には教授の研究である所謂水商売の場での『笑い』について講義を受ける。

ページトップへ

こんな研究しています

室町時代の贈与について
(東京大学大学院 人文社会系研究科 修了 久坂特派員)

室町時代の京都上層社会で行われた贈与について、卒論では考察を行なった。その結果を踏まえ、より広い社会層について室町時代特有の社会性を見出すため、寺社修造への勧進を対象に修士論文を執筆した。寺社に寄せられる寄付には信仰心はもちろん、社会への帰属意識なども働いており、これが寄付金額などを決定した。史料から、その時代の人々の日常や心理が透けて見える。

ページトップへ

大学検索システムでこの学問が学べる大学を探す
文化カテゴリーの学問

いざ学問選択!トップに戻る

志望校検索メニュー
志望校検索トップ
大学検索システム
入試難易予想ランキング表
模試判定システム
オープンキャンパス情報
学問ウォッチング
海外留学と大学選び
注目の大学