河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

いざ学問選択!

薬学

何を学ぶの?

薬のスペシャリストを育成

薬学は、薬をはじめとする化学物質と人体のかかわりを研究する学問だ。新薬の開発をめざす創薬学、臨床における薬の調合・調剤・管理などの最適化を考える医療薬学のほか、生命科学を基盤としたさまざまな研究が行われている。
薬学部には、薬剤師養成を目的とする6年制の課程と、創薬研究に携わる人材の養成を目的とする4年制の課程がある。6年制課程では薬剤師に必要な臨床系科目の履修や病院や薬局での実務実習を経て、薬剤師国家試験を受験する。4年制課程では卒業後大学院に進学し、さらに研究を続ける人が多い。

ページトップへ

大学選び ココがポイント

6年制課程のみの大学と4年制課程を併設する大学とがある。後者の場合、学部一括募集を行い3・4年次に学科を振り分ける場合もあれば、初めから学科別に募集する場合もある。6年制課程で薬剤師をめざす場合は、各大学の薬剤師国家試験合格率だけではなく入学者数に対する合格人数もチェックしてみよう。

ページトップへ

先輩たちの時間割

名古屋市立大学 薬学部 生命薬科学科 卒業 ユウト特派員の時間割

横にスライドしてご覧ください

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1限 機器分析化学 生物薬品化学Ⅰ 薬学有機化学Ⅲ
2限 製剤学Ⅰ 薬学概論Ⅱ 薬学英語Ⅰ 薬学物理化学Ⅱ 衛生化学
3限 薬学有機化学Ⅳ 薬学無機化学 機能形態学Ⅱ
4限 薬剤学Ⅰ 薬理・毒性学Ⅰ
5限
6限

※2年前期の時間割

おもしろい講義 「薬学概論Ⅱ」

製薬企業、病院、薬局のいずれか1つを選んで見学に行くことができ、興味深い。また、先生から研究に関する裏話も聴くことができる。

ページトップへ

こんな研究しています

細胞膜透過性を狙った環状ペプチドの創生
(名古屋市立大学大学院 薬学研究科 創薬生命科学専攻 修了 H.K.特派員)

ペプチドは特定のタンパク質と特異的に相互作用するものが多く、次世代の創薬ターゲットとして注目を集めています。しかし、細胞膜透過性が低い、プロテアーゼにより速やかに分解される、といった問題があり実用化へは至っていません。私たちは、ペプチドの環状化がこれらの問題点を克服する糸口になるのではないかと考え、日々研究を行なっております。薬の中でも、未だに達成例の少ない方法を用いて次世代の薬をつくる、というところに一番の魅力を感じます。もし、自分の行っている研究が大成功したら、この方法が創薬の基本となるかもしれない、と考えると心のワクワクが止まりません。このように、まだ開いていない扉を自分が一番最初に開くことができるかもしれない、という気持ちにさせてくれるところが研究の一番の醍醐味だと考えています。

ページトップへ

コラム

「薬をお茶などで飲んでしまった」という経験はないだろうか? 薬によってはその効力がなくなってしまう場合もある。たとえば、緑茶や紅茶などで鉄分を含む薬を飲むと、お茶に含まれるタンニン酸によって鉄剤の吸収が抑制される。また、ある抗生物質は牛乳で飲むと、牛乳に含まれるカルシウムと薬の成分が相互作用を起こし、吸収が阻害されることがわかっている。
逆に、血圧降下剤をグレープフルーツジュースで飲むと、薬の効き目が強くなり、頭痛などの副作用を起こすことが知られている。ジュースに含まれる成分が、薬の代謝を阻害するのが原因だとか。薬学の世界では、この作用を応用し「少量でも同じ効き目のある薬」の開発が進められている。

ページトップへ

大学検索システムでこの学問が学べる大学を探す
健康カテゴリーの学問

いざ学問選択!トップに戻る

志望校検索メニュー
志望校検索トップ
大学検索システム
入試難易予想ランキング表
模試判定システム
オープンキャンパス情報
学問ウォッチング
海外留学と大学選び
注目の大学