河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

いざ学問選択!

住居学


※特派員のプロフィールはアンケート回答時点のものです。

何を学ぶの?

豊かな住生活の実現をめざして

住む人の立場からみた快適な住空間を考え、実現していくのが住居学だ。子どもから高齢者までが安全で健康的に暮らせる、機能的な空間を創造していく。たとえばバリアフリー住宅や、狭い敷地でもくつろげる空間づくりなどがその対象だ。また、住居を取りまく地域の文化や人間関係、都市の環境なども対象となる。
大学ではまず住居学の基礎とともに設計や製図を実習で学び、その後コースや専攻に分かれて設計製図や材料実験、実測調査など専門性の高い実習・演習に取り組む。インテリアのデザイナーやコーディネーターをめざすならこの学問を学んでおこう。

ページトップへ

大学選び ココがポイント

住居学は家政学部、生活科学部などに設置されている住居学科、環境デザイン学科、生活環境学科などで学ぶことができる。これらの学科は専門分野ごとにコース、専攻を分けているところが多い。自分の学びたい分野のコースや専攻が設置されているか、大学案内などで確認しておこう。

ページトップへ

似たもの比較~建築学と住居学~

住居学科でも建築設計、構造力学など建築学の基礎を学べる大学が多い。また、住居学科のなかに建築学コースを設置しているところもある。建築学も住居学も建物を扱う点は同じだが、いったいどこが違うのだろうか?
建築学は建物の構造や強度などハード面を重視するのに対し、住居学では健康的で豊かな生活を送る住環境の実現など、ソフト面から建物を考える。そのため、住居学ではインテリアなどの内装も対象となる。

ページトップへ

大学検索システムでこの学問が学べる大学を探す
暮らしカテゴリーの学問

いざ学問選択!トップに戻る

志望校検索メニュー
志望校検索トップ
大学検索システム
入試難易予想ランキング表
模試判定システム
オープンキャンパス情報
学問ウォッチング
海外留学と大学選び
注目の大学