河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

いざ学問選択!

地球科学


※特派員のプロフィールはアンケート回答時点のものです。

何を学ぶの?

地球や惑星の謎に迫る

地球はどんな物質で形成され、どんな構造をしているのか。身近なようで謎の多い地球に対し科学的に迫っていくのが地球科学だ。
地球科学には、空や海など地球表層で起こる現象を分析する大気水圏科学、地震や火山噴火など地球内部の構造や運動を研究する固体地球科学、生命の誕生・進化と地球環境との関係の解明に取り組む地球生命科学などさまざまな分野がある。最近では、他の惑星と比較することで地球の形成過程を解明する地球惑星科学という分野もある。
大学では観察や実習が重視され、野外での地層観察や岩石・鉱物の採集を行う「巡検」とよばれる実習や、電子顕微鏡を用いた観察、実験などのほか、海外での現地調査が行われることもある。

ページトップへ

大学選び ココがポイント

地球科学が学べるのは、国立大の理学部が多く、私立大では数大学しかないので注意しよう。宇宙・惑星を対象とする研究は、地球科学科よりも天文学科や物理学科のなかで専門的に扱っていることが多い。
地球を対象とする学問だけにその研究対象も幅広く、学科名が同じでも大学ごとに重点を置いている分野もさまざま。自分の希望と各大学の研究テーマを照らしあわせて進路を決めることがポイントだ。

ページトップへ

先輩たちの時間割

東北大学 理学部 地球惑星物質科学科 2年 わをん特派員の時間割

横にスライドしてご覧ください

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1限 堆積学 造岩鉱物学 地球惑星科学実習Ⅱ 生物圏進化・人間圏学
2限 宇宙地球化学 岩石学Ⅰ 生命起源地球科学
3限 鉱物結晶学 地球惑星科学実習Ⅰ 固体地球の進化
4限
5限
6限

※2年後期の時間割

おもしろい講義 「宇宙地球化学」

現在の研究内容、主にはやぶさ2の、小惑星リュウグウの探査について詳しく、リアルタイムな調査内容、過程を教えてくれる。

ページトップへ

こんな研究しています

地震の破壊モデリング
(神戸大学大学院 理学研究科 修士課程 K.S.特派員)

実際に起きた地震をコンピューター上で再現することで、断層面上での破壊の伝播の様子や、破壊に関するパラメータの分布を明らかにする。地震は地下での岩盤(断層)の破壊であり、一般にこれを直接観測することは困難である。我々が得られる情報は地面の揺れ(地震波形)であり、これを手掛かりにする。コンピューターで再現した地震の波形(計算波形)を、観測した地震波形と比較し、両者が同じになるようにモデルを構築していく。地震という日本人にとって身近な現象が、物理学の知見をもとに定式化されていることに感動しました。直接見ることのできない断層面上での破壊の様子を、試行錯誤しながら再現し、少しずつ事例を積み重ねていくことに魅力を感じています。

ページトップへ

大学検索システムでこの学問が学べる大学を探す
自然カテゴリーの学問

いざ学問選択!トップに戻る

志望校検索メニュー
志望校検索トップ
大学検索システム
入試難易予想ランキング表
模試判定システム
オープンキャンパス情報
学問ウォッチング
海外留学と大学選び
注目の大学