河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

いざ学問選択!

哲・宗教学


※特派員のプロフィールはアンケート回答時点のものです。

何を学ぶの?

「生きること」の根源について考える

「自分とは何か」「存在とは何か」といった、昔も今も変わらない普遍的な「問い」を探究していくのがこの学問だ。人類と地球との共生の問題や頻発する国際紛争、体外受精・出生前診断や脳死・臓器移植といった生命倫理の問題など、現在でもさまざまな場面で哲学的な考え方は要求されている。
哲学はヨーロッパの思想を研究する西洋哲学、インドや中国の思想を中心とする東洋哲学など、対象とする地域ごとに分かれている。授業では原書を扱うこともあるので、それを読みこなす力が必要となる。英語やドイツ語のほか、ギリシャ語、ラテン語、サンスクリット語などの古典語の学習が必要になる場合もある。
宗教学では、人間にとっての宗教の意義や「拝む」といった宗教的行為の意味、歴史的な変遷、社会に与えた影響について研究するほか、仏教、キリスト教、イスラム教など特定の宗教やその教義の研究に重点を置くところもある。

ページトップへ

大学選び ココがポイント

哲学、宗教学は文学部や人文学部の哲学科、思想文化学科で学ぶことができる。人文学科や文化学科のなかに専攻として設置されているところも多い。
個別の宗教については、神学部、仏教学部または文学部のなかの宗教別に分かれた各学科で学ぶことができる。

ページトップへ

先輩たちの時間割

法政大学 文学部 哲学科 1年 T.S.特派員の時間割

横にスライドしてご覧ください

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1限 English 体育 論理学概論 社会学
2限 日本文学B 西洋哲学史 ドイツ語 English
3限 社会学LB 基礎ゼミ 哲学概論 ドイツ語
4限 心理学 教養数学
5限
6限

※1年後期の時間割

ページトップへ

こんな研究しています

ニヤーヤ学派の解脱論~『サルヴァ・ダルシャナ・サングラハ』第11章の研究~
(東京学芸大学大学院 教育学研究科 修了 たけのこ特派員)

古代インドの六派哲学の一派である、ニヤーヤ学派の解脱論とはいかなるものかを、14世紀頃に活躍したとされるサーヤナ・マーダヴァの『サルヴァ・ダルシャナ・サングラハ』を手がかりに、ニヤーヤ学派でいうところの解脱とは何かを明らかにしていくものである。今までにサンスクリット原典から日本語訳されているものと英訳されているものを参照しつつ、Abyankar師の有益な注釈も現代語訳することにより、より一層正確な内容の把握に努めた。
古代インドにおける解脱の方法論が様々あり、これがどのような思想的背景を伴って成立しているのか、仏教徒の関連を含めて検討することによって、当時の解脱観について知ることができるとともに、その時代の死生観も見えてきた。現代の我々に通じるところもあり、非常に興味深い内容であった。

ページトップへ

大学検索システムでこの学問が学べる大学を探す
人間カテゴリーの学問

いざ学問選択!トップに戻る

志望校検索メニュー
志望校検索トップ
大学検索システム
入試難易予想ランキング表
模試判定システム
オープンキャンパス情報
学問ウォッチング
海外留学と大学選び
注目の大学