河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

いざ学問選択!

人間科学


※特派員のプロフィールはアンケート回答時点のものです。

何を学ぶの?

「人間」を総合的に研究

多様な側面をもつ人間を、既存の枠組みにとらわれず、さまざまな角度から総合的・科学的に研究する学問が人間科学だ。
人間を研究対象とするため、研究テーマも手法もさまざま。心理学、社会学、教育学を中心に、哲学、文化学、生物学、生命科学、健康科学など多岐にわたる。人間科学は多様な学問が結びついてできたため、学際色が強く、人間への関心とバランスの取れた知識・感性、幅広い視野が必要とされる。
大学では、「人間」について何を、どのように研究するかによって、専攻や講座が分かれている。学際的分野という人間科学の性質から、どの専攻に進んでも他専攻の授業を履修できるように柔軟なカリキュラムとなっているところが多い。

ページトップへ

大学選び ココがポイント

人間科学は人間科学科、人間関係学科、人間環境学科、行動科学科などで学べる。近年誕生した学科が多く、大学によって扱う問題のテーマや手法もさまざまだ。大学案内などをよく読んで各大学の特徴を押さえておこう。

ページトップへ

先輩たちの声

人類学や文学など多様な観点から「人間」とは何かを考える授業では、自分とまったく違った考え方に出会えます。
(大阪府立大学 現代システム科学域 3年 Y.S.特派員)

ページトップへ

先輩たちの時間割

神戸大学 国際人間科学部 発達コミュニティ学科 2年 Y.I.特派員の時間割

横にスライドしてご覧ください

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1限 知覚と行為1 健康科学A コミュニティ創生論
2限 博物館概論1 現代社会論B 博物館展示論1
3限 環境保健学1 障害共生養育論1 Academic communication(英)A
4限 家族の発達と病理1 認知発達心理学1
5限
6限

※2年前期の時間割

おもしろい講義 「知覚と行為1」

少し哲学的で、人の行為やその発達を観察や簡単な実験から確認してみるなど、日常で目にする当たり前のように思っている行為が当たり前ではなく発達していっているということを感じることができ、刺激的だった。また、様々な学者の考えも紹介され、興味深いものだった。

ページトップへ

講義紹介:人間行動論

この社会で「幸せに生きる」には、どうしたらいいのか?身近な人の「幸せをサポートする」には、どうしたらいいのか?そして、「より多くの人々が幸せに生きられる社会」をつくるには、どうしたらいいのか?「幸せ」という概念は「本人がそうありたいと望む状態」として使われることが多い。そのためこれらの問いは、人間行動についての究極的な問いの一つといえる。この講義では、最新の研究成果や、担当教員による現在進行中の研究をふまえながら、受講者とともにこれらの問いへの答えを考究する。(京都大総合人間学部)

ページトップへ

大学検索システムでこの学問が学べる大学を探す
人間カテゴリーの学問

いざ学問選択!トップに戻る

志望校検索メニュー
志望校検索トップ
大学検索システム
入試難易予想ランキング表
模試判定システム
オープンキャンパス情報
学問ウォッチング
海外留学と大学選び
注目の大学