河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

いざ学問選択!

政治・政策学


※特派員のプロフィールは アンケート回答時点のものです。

何を学ぶの?

対立や利害関係を調整し、解決策を探る

政治学は、社会で発生する対立や利害関係を調整し、よりよい社会秩序の形成をめざす学問だ。政治思想や政治哲学などの理論分野を学び、政府や地域の統治の仕組みや、紛争や貿易摩擦といった国家間・地域間の問題など、さまざまな政治現象を分析・研究する。
現代社会のあらゆる問題・課題を多様な視点から考え、解決するために政策を立案し効果を分析する政策学も注目されている。政府や地方自治体の政策を学ぶ「公共政策」、まちづくりに関する政策を学ぶ「都市政策」、温暖化や資源・エネルギー問題を考える「環境政策」などの分野がある。近年、地域の特性を生かした産業育成、伝統文化の保護や観光対策などの地方創生・地方再生といったテーマを扱う大学が増えている。

ページトップへ

大学選び ココがポイント

政治学は法学部や政治経済学部、政策学は政策学部、総合政策学部などのほか、政策系の学科をもつ大学でも学べる。大学によって得意分野が異なるので、どの大学でどの領域を専門的に学べるのか、大学案内などでよく調べておこう。

ページトップへ

先輩たちの時間割

早稲田大学 政治経済学部 政治学科 卒業 豆もやし特派員の時間割

横にスライドしてご覧ください

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1限 行政学
2限 英語 政治学英語文献 日本経済史
3限 政治学原論 中国語 政治学原論
4限 中国語 現代思想特論 英語
5限 総合講座 映像文化論
6限

※2年前期の時間割

おもしろい講義 「映像文化論」

テレビや映画が歴史の中でどう発展していったのか、政治的な側面から紐解く授業。映像技術や表現手法の変遷を解説するような授業はよくあるパターンだが、この切り口は新鮮だった。

ページトップへ

こんな研究しています

首都圏における持続可能な道路交通環境 ―「三環状道路」の活用によるアプローチ―
(早稲田大学 政治経済学部 政治学科 sengoku38特派員)

首都圏内に存在する道路の多くは慢性的な渋滞に悩まされており、その原因の一つとして高速道路ネットワークが未完成であるということが挙げられる。五十年以上前に「中央環状線」「外環道」「圏央道」からなる三環状道路の建設が正式決定されたにもかかわらず、それらが未だに全通しないことで首都圏内の至る所で渋滞が発生し、円滑な道路交通が実現できずにいるのである。首都圏内の道路交通が「脳梗塞」を起こしている現状を打開するためには、まずは三環状道路の全通が最優先であるといえる。他方、三環状道路は渋滞解消の解決策としての効用のみならず、既に開通している高速道路の修繕に際しても大きな役割が期待できる。首都高速道路をはじめ、首都圏を通る多くの高速道路の区間で修繕の必要性が高まる中、三環状道路が当該区間の改修工事にあたって迂回路として機能することが望める。このように、三環状道路の全通によって渋滞解消と迂回路の確保という二つの課題が一挙に解消されることで、首都圏における持続可能な道路交通環境が実現できると考えられる。三環状道路の整備という問題は自分の関心事の一つでもあり、整備のメリットを多岐にわたり挙証できたため、インフラ整備の必要性を説くうえで、三環状道路というテーマは非常に有用だったと思う。

ページトップへ

大学検索システムでこの学問が学べる大学を探す
社会カテゴリーの学問

いざ学問選択!トップに戻る

志望校検索メニュー
志望校検索トップ
大学検索システム
入試難易予想ランキング表
模試判定システム
オープンキャンパス情報
学問ウォッチング
海外留学と大学選び
注目の大学