河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

いざ学問選択!

応用化学


※特派員のプロフィールはアンケート回答時点のものです。

何を学ぶの?

産業界を革新する化学技術

応用化学は、化学の理論や知識を活用し生活に役立つ新しい物質を研究・開発する学問。医療や農業、食品、エレクトロニクスなど応用範囲は幅広く、数年後の実用化をめざした実践的な研究が行われている。
応用化学のテーマの一つが新素材の開発だ。高分子材料、生体材料、セラミックスなどがあり、スマートフォンのリチウムイオン電池もこの分野で開発された材料が使われている。また、最近では環境に配慮した技術も重要な研究テーマだ。たとえば、ダイオキシンなどの有害物質の分解作用をもつセラミックス系光触媒、分解して土に変わるプラスティックなどが開発されている。
大学では、まず物理化学、有機・無機化学、分析化学など応用化学の基礎を学び、続いて高分子化学、触媒化学、反応速度論などの講義や実験、演習を行う。実験の比重が高いことも特徴の一つだ。

ページトップへ

大学選び ココがポイント

応用化学は、工学部、理工学部に設置されている応用化学科、工業化学科、化学システム工学科などで学ぶことができる。近年は自然環境とのかかわりを意識した環境応用化学科、バイオ環境化学科、あるいは「ナノテクノロジー」に着目したナノサイエンス学科といった学科も設置されている。

ページトップへ

先輩たちの時間割

京都大学 工学部 工業化学科 卒業 ぴよ特派員の時間割

横にスライドしてご覧ください

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1限 環境保全概論 生化学Ⅰ(工業基礎化学) 物理化学Ⅱ(工業基礎化学) グリーンケミストリー概論 化学数学Ⅱ
2限 無機化学Ⅱ(工業基礎化学) 有機化学Ⅱ(工業基礎化学) 高分子化学概論Ⅰ(工業基礎化学)
3限 工業基礎化学実験Ⅰ(工業基礎化学) 工業基礎化学実験Ⅰ(工業基礎化学) 工業基礎化学実験Ⅰ(工業基礎化学)
4限
5限
6限

※3年前期の時間割

おもしろい講義 「工業基礎化学実験Ⅰ(工業基礎化学)」

午後のコマをすべて使い、ひたすら化学実験をします。内容も有機合成や生化学実験からコンピュータを使った理論化学計算まで化学と名の付く分野をほぼ網羅するもので、研究室配属前に学問としての化学を実際に体験できる貴重な機会です。自分の手を動かしてそれまで座学で学んできた知識を確かめられるという点もこの授業の醍醐味だと思います。

ページトップへ

こんな研究しています

乾燥工学
(神戸大学 工学部 応用化学科 卒業 M.M.特派員)

微粒子が入っている液体を塗布した際の乾燥中の挙動を研究する。いろんな製品に塗布、乾燥工程があり、ものづくりの重要な工程を研究できる。

ページトップへ

大学検索システムでこの学問が学べる大学を探す
技術カテゴリーの学問

いざ学問選択!トップに戻る

志望校検索メニュー
志望校検索トップ
大学検索システム
入試難易予想ランキング表
模試判定システム
オープンキャンパス情報
学問ウォッチング
海外留学と大学選び
注目の大学