河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

いざ学問選択!

土木・環境工学

何を学ぶの?

市民の暮らしのための工学

土木工学は、道路や橋、トンネル、上下水道、ダムなどの社会基盤を対象に、設計・運用・維持・管理の技術を研究する学問だ。近年では、東日本大震災やトンネル天井崩落事故などを受け、防災・減災への意識が高まり、維持管理の重要性が見直されている。一方、環境工学は、土木工学の視点から、環境と共生し持続的発展が可能な社会の実現をめざしている。
大学では、橋などの維持管理や耐震構造などを学ぶ「構造系」、コンクリートや材料の特性を学ぶ「材料系」、土や地盤を分析する「地盤系」、川や海などの水流を扱う「水工系」、土地利用や交通計画を行う「計画・交通系」、環境に優しい暮らしを考える「環境系」などの基礎を学修したうえで、将来の目標にあわせて2~3分野を詳しく学ぶ。設計演習や土木製図実習、測量学実習、構造力学演習など演習・実習が多いのも特徴の一つだ。

ページトップへ

大学選び ココがポイント

土木・環境工学は工学部、理工学部にある土木工学科のほか、「環境」「社会」「都市」を組み合わせた名称の学科で学ぶことができる。研究対象が幅広く、大学により得意な分野が異なるので、大学案内などで比較しておくことが大切だ。
このほか、都市計画や都市環境学などのテーマに重点を置いた都市工学科や都市システム工学科、海を研究対象とする海洋土木工学科など、特定の分野に的を絞った学科もある。

ページトップへ

先輩たちの時間割

名古屋大学 工学部 環境土木・建築学科 環境土木工学コース 卒業 ニコフ特派員の時間割

横にスライドしてご覧ください

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1限 応用構造力学 土木史 コンクリート構造第2
2限 沿岸海象力学 応用構造力学演習 土木の力学 土木力学演習 技術英語1
3限 交通論 地盤材料実験 水理学実験 土質力学
4限 計測技術及び実習 学外実習 水理学演習
5限
6限

※3年前期の時間割

おもしろい講義 「計測技術及び実習」

さまざまな環境を計測する実習をする。温度や湿度、照度、騒音という建築環境の計測や、測量技術が修得できる。実習を2コマした後、課題として計測結果をまとめ考察するレポートが出る。

ページトップへ

こんな研究しています

河道湾曲部における粘土河床の変動プロセスの解明
(早稲田大学大学院 創造理工学研究科 修士課程 Y.S.特派員)

河道湾曲部に焦点を当てて、粘着性を有する河床材料がどのように浸食・堆積を繰り返し、形成されるかについて調べている。その中で、上流から砂礫の供給を行うことによる影響に着目している。粘着性を有しない河床について、河床変動を大まかに予測することができるのに対し、粘着性を有するとそのメカニズムはとても難しいものとなる。まだ解明されていない分野であるので、とても面白いと思う。

ページトップへ

コラム

近年首都圏を中心に、地域全体の景観を考えながら再開発が行われ、大規模な住宅・商業施設が登場している。
このような街づくりを考えるのが都市計画学だ。都市計画学は、多くの人々が便利かつ安全で快適に暮らせる街づくりをめざす総合的な技術体系となっていて、土木・環境工学のみならず建築学、造園学、社会工学、地理学、経済学など、多様な学問とかかわる学際的な科学なのだ。
情報化や高齢化など、人々を取り巻く環境も変化し、時代の変化に応じた街づくりが求められており、今後も都市計画学は重要な役割を担っていくことだろう。

ページトップへ

大学検索システムでこの学問が学べる大学を探す
技術カテゴリーの学問

いざ学問選択!トップに戻る

志望校検索メニュー
志望校検索トップ
大学検索システム
入試難易予想ランキング表
模試判定システム
オープンキャンパス情報
学問ウォッチング
海外留学と大学選び
注目の大学