河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

海外の大学へ進学
 -韓国-

知っておきたい韓国留学


 日本と距離が近く、時差がありません。都市部は交通の便がよく、治安もいいため、日本からの留学生にとっては生活しやすい環境でしょう。また、大学に留学する場合、留学生のための寮も充実しています。


 欧米と比較すると学費や生活費が安く抑えられます。加えて、留学生のための奨学金制度が充実していること、留学生も申請をすればアルバイトをすることが認められていることもあり、留学費用の負担が軽減できます。


 大学では英語での授業を開講している場合が多く、韓国語のほかに英語を学ぶ機会もあります。また、韓方(中国で発達して韓国に伝来した医術)、テコンドー(韓国の国技)、韓国国楽(韓国の伝統音楽)など韓国ならではの特徴的な分野を学習することもできます。

留学を希望する場合、日本の大学へ進学した後に留学をする人が多いでしょうが、韓国の大学へ直接進学する方法もあります。以下、韓国の大学へ進学する場合についてみていきましょう。
 日本の大学に進学後の留学に関しては、留学を意識した大学選びをご覧ください。

ページトップへ

韓国の大学に進学する

韓国の大学は春学期と秋学期の2学期制で、第1学期が3~6月、第2学期が9~12月です。修業年限は学士課程で人文社会学系・理工系・芸術系が4年、医科・韓医学・歯科系が6年です。

入学後は基本的に韓国人学生と授業を受けます。そのため、出願時点で大学指定レベルの韓国語能力が必要となります。進学を希望する人は、進学前に大学付属の語学コースで韓国語を学びながら、進学先を決定・出願する場合が多いようです。<韓国語を学ぶには>では、韓国での韓国語学習について紹介しています。

韓国の大学に進学するには、まず志望大学を絞り、大学のHP等で出願時期や出願書類を確認します。出願書類には韓国語能力、高校の卒業証書、成績証明書などがあります。大学によっては英語能力の証明が必要な場合もあります。出願時期は入学時期より数ヶ月早く、語学能力の証明やその他書類が必要となるため、計画的な準備が必要です。

進学にかかる費用は、韓国政府によるウェブサイトStudy in Korea によると、大学の授業料が人文社会系学部で1学期あたりUS$1,600~7,400、工学系学部で$1,800~8,300と、国立大か私立大か、また学部系統によっても異なります。居住費の目安は大学の学生寮(2人部屋)で1学期あたり$600~1,000、1人暮らしで1ヶ月$300です。食費は大学の食堂で1食あたり$2.5 ~3、1月あたり$300が目安です。

韓国語を学ぶには

 韓国語を学ぶには、韓国で大学付属の語学コースに通う方法があります。大学付属の語学コースは大学構内にあり、大学の雰囲気を感じながら勉強できることが特徴です。10週間のレギュラーコースと、夏、春、冬に開講される短期コースがあり、各大学が設定する授業開始時期に合わせて入学します。大学の語学コースのほかにも、民間の語学学校があります。

ページトップへ

お役立ちリンク集

韓国留学についてもっと知りたい方へ、留学情報を提供するウェブサイトをご紹介します。

海外留学と大学選びトップに戻る

志望校検索メニュー
志望校検索トップ
大学検索システム
入試難易予想ランキング表
模試判定システム
オープンキャンパス情報
学問ウォッチング
海外留学と大学選び
注目の大学