河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

受験体験記2019(国公立大)

千葉大学

文学部に合格!(一般入試)

Bebe Camilaさん

感想・今後の意気込み

私が志望校を決めたのは高1のときでした。オープンキャンパスや学園祭は、毎年参加し、受験のモチベーションアップとしていました。しかし、センター試験ではあまりいい結果を残すことが出来ず、結局第2志望の国立大学を受けることにしました。はじめはやる気を出すのにとても苦労しましたが、今まで国立合格のために5教科努力してきたんだ、と考えるようにしました。結果、自分の受験番号を見つけた時は、嬉しさのあまり大号泣しました。第1志望ではなかったけど、国立を目指して頑張ってきた成果が出て本当に嬉しかったです。

メッセージ・アドバイス

自分のやりたいことを見つけることが大切だと思います。受験期でつらい時などは、志望校のホームページを見たりして、モチベーションアップにつなげるようにしました。また、周りの人への感謝も忘れないようにして下さい。私の場合、家族はもちろん、後輩も湯島天神のお守りを買ってきてくれたり、先輩も応援してくれたり、先生方は相談に乗ってくれました。受験は自分一人で乗り越えたものではなく、周りの人のおかげでもあります。ぜひこのことを忘れないでください。

ページトップへ

法政経学部に合格!(一般入試)

どんぐりさん

感想・今後の意気込み

受験生として勉強も頑張りましたが、学校行事も勉強と同じくらい全力でやりました。例えば、野球の応援をするために楽器練習をしたり、文化祭ではクラス実行委員として積極的に活動したりしました。最後の高校生活を楽しめて良かったです。

メッセージ・アドバイス

志望大学の対策を本格的に始めたのはセンターが終わってからで、それまでは学校から与えられる課題や授業などをしっかりとこなしていました。それらをやるだけで手一杯ということもあったのですが。食事、睡眠は絶対疎かにしてはいけないと思います。

ページトップへ

工学部に合格!(一般入試)

コナンさん

感想・今後の意気込み

私は高一の夏から河合塾に在籍していましたが、予習や復習をろくにしていなかったので、当然学力は少しも上がりませんでした。復習の大切さに気がついたのは高二の冬でした。試しに一年前のテキストを見てみたら何一つ覚えていなくてショックだったのを覚えています。それ以来復習を翌日・1週間後・1ヶ月後と計画的に行うと、ぐんぐん成績が伸びていきました。また過去問に手を出したのは夏休みでしたが今思うと少し早かったと思います。基礎がないといくら解いても学力は上がらないので、基礎の徹底を優先するべきでした。

メッセージ・アドバイス

私はセンター直前にインフルになりました。40度を超える熱も出て全然勉強できず、大変焦ったのを今でも覚えています。どんなに実力があっても体調が万全でないと合格はできないので、みなさんは体調管理をしっかりしてください。それから皆さんに今すぐにしてほしいことがあります。それは『頼れる大人』をつくることです。受験勉強中には、様々な不安や疑問が出てきますが、それを相談できるような信頼できる人がいると格段に気持ちが楽になり勉強に集中できます。大学受験を経験した人であれば誰でも構わないので絶対に見つけてください。

ページトップへ

園芸学部に合格!(一般入試)

T.W.さん

感想・今後の意気込み

部活を引退した8月からセンター試験までは、睡眠時間を削って平日は9時間、休日は15時間以上勉強しました。しかし、口内炎が沢山出来、いつも寝るのが遅かったためセンター試験前日に全く寝られなくなりました。最悪なことにセンター本番中に思いっきり寝てしまいました。反省して、センター後から二次試験までは7時間の睡眠を取り本命の国立試験前日もきちんと眠れました。

メッセージ・アドバイス

第1志望の過去問12年分を解きました。他は3年分解きました。私立大学は傾向を知るために赤本を買って解き、国立大学は時間内に伝わりやすい記述をする練習として活用していました。赤本を解いていて疲れてしまった時に、問題集を解くことが息抜きになっていました。

ページトップへ

医学部に合格!(一般入試)

麦わら帽子さん

感想・今後の意気込み

長いようで、振り返ってみるとあっという間の1年間でした。私が受験を意識するようになったのは高2の2学期あたりで、その頃の私は勉強に対してやる気も希望も持てない状態でした。それでも、塾に通うようになったり、高校3年生になるなど環境が変わるにつれて、私の考え方や意気込みも大きく変わりました。受験勉強は大変でしたが、大変な中にも楽しさがありました。私が受験生として充実した1年間を送ることが出来たのは、家族、先生、友人などの多くの人の支えがあったからだと強く思います。

メッセージ・アドバイス

とにかく積極的に色々なことに参加したことは良かったことかなと感じています。例えば、休暇中の学校の講習に多く参加したり、受けられる模試はスケジュールがきつくなっても受けたことです。独学も良いですが、講習に参加して新しい知識を得たり、模試で試験慣れしたり、様々な問題を手に入れることが出来たことはとても有意義だったと思います。とりわけ模試は自分の成績の推移が分かりやすいので、モチベーションアップに繋がったと思います。

関東・甲信越の国公立大学一覧に戻る

先輩の声メニュー
先輩の声トップ
特派員の声
キャンパスライフ
先輩のノート大公開
受験体験記